借りる

今すぐにお金が必要になるシチュエーションってどんな時?

今すぐにお金が必要になる時とは?

頭をかく女性カードローンを語る時、必ず出てくる文言があります。それは、「急な出費に役立つ!」とか、「いざという時に便利!」などといったものです。

では具体的に、今すぐにお金が必要になるシチュエーションというのはどういったものが挙げられるのでしょうか? その辺りについて考えてみましょう。

一般的には冠婚葬祭が多い

今すぐにお金が必要となるケースとしては、結婚式に呼ばれたとか、親戚や知人に不幸があったりした場合が挙げられます。

カードローンの場合、申し込む際に使い道を細かく聞かれることはありません。元々が無担保・無保証人で契約できるフリーローンなので、原則使途自由となっています。

冠婚葬祭以外のケース

冠婚葬祭を除いたその他のケースとしては、税金の支払いや車検などの費用、不足した生活費の補填といった理由で借りる人も多くいます。こうしたものも「今すぐにお金が必要」という部類に入ると言えるでしょう。
基本的に事業性資金以外は何にでも使用することができるのがカードローンの大きなメリットとなっています。

返済のための借金はおススメしません

カードローンを利用する人の中には、他の借金を返済するために申し込む人もいます。もちろん申し込み理由には「冠婚葬祭」など適当な理由を付けて申し込みます。
返済日に追われている様はまさに「今すぐにお金が必要」に当てはまりますが、単純に考えても借金を返済するために新たな借入をすることはあまり好ましいこととは言えません。

自転車操業は利息を膨らませるだけ

借金返済のために借金をする――これはつまり多重債務の状態です。借金を返せないからと言って安易な借入を続けていくと、利息負担だけでも相当なものとなります。

現在では総量規制の効果もあり、多重債務者の数も減っていきていますが、そうした状態の人に貸し付けてしまう小・中消費者金融というものも存在します。それらの消費者金融がすべて悪質業者であるというわけではありませんが、実際に多重債務者や債務整理をしてどこからも借入ができない人(いわゆるブラックと呼ばれる状態の人)たちの救いの場として崇められてしまっている傾向にあります。

借金癖が治らないなら債務整理も視野に

何件も借入を重ねてしまえばいずれはどこからも借入ができなるどころか返済自体にも行き詰ってしまいます。そうなることを分かっているのに自転車操業をしてしまう人は、やはり「借金癖」が染みついているという状態です。計画的な借入や返済を行えずに無駄な借金ばかりを増やしてしまうのであれば、債務整理ということも検討すべきでしょう。

任意整理や自己破産という選択肢もあります

任意整理で借金を減額してもらい、返済計画を立て直すのもいいですし、返済計画もうまく立てられない状態なら思い切って自己破産という方法を取ってもいいかもしれません。最低でも5年間~7年間、場合によっては10年間はどこからも借入を行えませんが、借金をすべて整理して一からやり直すという考えも必要です。そこまでしなければ借金癖から解放されないのならその選択肢もアリです。

経済的な信用は全て失われるため覚悟が必要です

ただし、そこから先は全て現金で生き抜く必要があります。それができなければヤミ金などへ手を出してしまうことにもなりかねません。債務整理を考えるなら、二度と借金に頼らないという強い気持ちを持って臨むことが求められます
また、本当に生活苦に陥ってしまっているなら公的な貸付制度や支援制度などの利用も検討した方がいいかもしれません。

カードローン自体はとても利便性の高いアイテムです

「借金」とか「多重債務」という言葉はとてもネガティブなものですが、カードローン自体はとても利便性の高いアイテムです。必要以上に借り過ぎたりしなければ、「今すぐにお金が必要」な時に大変役立つアイテムなのです。

自分に合ったカードローンを見つけておくこともおすすめ

カードローンというと消費者金融や大手銀行ばかりが取り上げられますが、それ以外にも信販会社やお近くの地方銀行、信金、信組など様々な金融機関で扱っています。

今は必要が無くても、「今すぐにお金が必要!」というシチュエーションがいつ訪れないとも限りません。信販系のカードローンの中には特典が付帯しているものもありますし、消費者金融や銀行の中には女性が申し込みしやすい女性専用のカードローンを取り扱っているところもあります。急な出費に対応できるように、自分に合ったカードローンを一枚用意しておくのもいいでしょう。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧