借りる

年末年始の消費者金融の営業・休業日(2016年版)

年末年始・お正月の女性のイメージ

消費者金融の年末年始の営業日(休業日)は、下の通りです。「営業日時が長い順」にまとめています。「○…通常営業」「×…休業」です。

日付 29 30 31 1 2 3
SMBCモビット ×
プロミス ~18時 ×
ノーローン × × × ×
アコム ~18時 × ×
アイフル × × × × × ×

これは「2015年末~2016年初め」のものですが、「毎年ほぼ同じ」です。以下、ポイントをまとめます。

  • SMBCモビットは「元旦に休むだけ」で、後は完全に普通
  • プロミスもそれに近い(大晦日だけ時短)
  • アイフルは休業日が多い

というのがポイント。そしてそれぞれの「通常営業」の時間は下の通りです。(店舗・自動契約機によって時間が多少前後するので「全体の目安」と思ってください)

  • SMBCモビット…9時~21時
  • プロミス…9時~22時
  • ノーローン…9時~21時
  • アコム…8時~22時
  • アイフル…9時~21時

…という営業時間です。以下、年末年始の消費者金融の審査について、さらに詳しくまとめます。

目次

1.年末年始のキャッシング審査

└ 1-1.忘年会・新年会での申し込みが多い

└ 1-2.通常よりも審査時間が長くなる?

└ 1-3.年末年始は審査が厳しくなる?
2.交際費以外で年末年始にキャッシングする原因

└ 2-1.12月のボーナスが予想より少なかった

└ 2-2.年末年始のセールで浪費してしまった

└ 2-3.クリスマス、恋人に貢ぎすぎた
3.参考サイト・文献一覧

1.年末年始のキャッシング審査

1-1.忘年会・新年会での申し込みが多い

1-2.通常よりも審査時間が長くなる?

1-3.年末年始は審査が厳しくなる?

目次に戻る

1-1.忘年会・新年会での申し込みが多い

年末年始といえば、忘年会・新年会のシーズン。これが理由でお金がなくなって「消費者金融でお金を借りよう」と考える人は多いです。

忘年会や新年会などの付き合いがない人からすると「何で年末年始にキャッシングなんかするんだ?」と思うでしょうが、会社員などでこうした付き合いが多い人だとむしろ年末年始だからこそ、お金がなくなるし、借りたいわけです。

ということで、大手の消費者金融は年末年始でもほぼ休まずに営業しているわけですね。上にも書いた通り、SMBCモビットなどは「1月1日以外、全日通常営業」です。

アイフルのみ、普通の企業のように休みが多くなっていますが、働く側の社員さんとしては、こちらの方がいいかも知れません。何はともあれ、「年末年始もキャッシングの申し込みは多い」ので、このように「普通に即日審査」しているわけです。

1章 目次へ

1-2.通常よりも審査時間が長くなる?

普通の感覚だと、

  • 年末年始=スタッフさんが少ない
  • 通常より、審査時間が長くなる

と思われるでしょう。これについては、何とも言えません。理由は、

  • 毎年年末年始が忙しくなることは、消費者金融も知っている
  • 他の消費者金融の審査が遅い時に、自社が早ければチャンス
  • 競争原理が働くので、結局通常と同じ時間になる

とも考えられるからです。ただ、実際には「それでも限界を超える」ということはあります(飲食店を見ればわかるでしょう)。

ということで、年末年始のキャッシング審査は、早くなるか遅くなるか、正直わかりません。これは年末年始に限らずいつでも言えることですが、「確実にその日中に借りたい」ということであれば、「できるだけ早め」に申し込んだ方がいいでしょう。

1章 目次へ

1-3.年末年始は審査が厳しくなる?

ネット上の口コミ・評判で「年末年始にカードローン審査を申し込むと、審査が厳しくなる」というものがありました。理由は、年末年始にお金が足りなくなるような人は、大体金銭感覚が緩いので、融資するのは危険ということです。しかし、これについては間違いと言っていいでしょう。

おそらく、こうした口コミを流した方は「年末年始に飲み会の付き合いがない」という人でしょう。先にも書いた通り、そういう人だと確かに「何で年末年始にキャッシングなんか使うんだよ」となるわけです。

しかし、飲みの付き合いがある人だと「むしろ年末年始こそ、お金が必要になる」わけですね。だから「それが理由でカードローン審査が厳しくなる」ということはないのです。

(消費者金融や銀行カードローンの側は、そういう事情もよく知っていますからね)

1章 目次へ

2.交際費以外で、年末年始にキャッシングする原因

2-1.12月のボーナスが予想より少なかった

2-2.年末年始のセールで浪費してしまった

2-3.クリスマス、恋人に貢ぎすぎた

目次に戻る

2-1.12月のボーナスが予想より少なかった

ボーナスは基本的に6月と12月ですが、その12月のボーナスが予想外に少なかった…、という理由でキャッシングする人は多いです。特に住宅ローンのボーナス払いを多めに設定している人が多いのですが、これは「そのまま借金地獄に陥る、典型的なパターン」なので注意してください。

多くの人は「まじめに生活していれば、多重債務になんかならない」と思っているでしょう。しかし「普通の人」でも意外と多重債務になることがあります。

その原因で特に大きいものが「住宅ローンのボーナス払い」なのです。これが自動車ローンや教育ローンだったら、金額が数百万円と小さいので、そのまま多重債務になる…というほどではありません。

しかし、住宅ローンは金額が大きいので「そのまま転落してしまう」こともよくあるんですね。そのため、こういう理由で年末にキャッシングした場合、自分は今危険信号が点滅していると思ってください。

2章 目次へ

2-2.年末年始のセールで、浪費してしまった

交際費のように「人と一緒に使う」のではなく「自分の買い物のための出費」も、年末年始は多くなります。

  • 休みができる
  • 年末年始のセールをやっている

という2つの理由で、ついつい過剰にショッピングしてしまう人が多いんですね(特に女性)。

買い物自体は経済を活性化させるので、いいことでもあるのですが、それで借金が必要になる…というのは明らかにおかしなことです。お正月のセール品は、特に服の場合、2月まで待てばさらに安くなるということもあります。

そもそも「お金を借りてまで買い物する」という人で「セールを賢く活用できている」という人は、ほとんどいません。セールを上手に活かしている人は確かにいますが、そういう人は、あくまで自己資金で買っているものです。

お金持ち本を多く書かれている午堂登紀雄氏も、「お金持ちは、季節外れの服などを安く買って、来年に供える」ということを著書で書かれています。キャッシングやクレジットカードに頼らないで、そうやって賢く買う分にはいいのですが、そうでなければ「年末年始のセールは無視する」ようにしましょう。

2章 目次へ

2-3.クリスマス、恋人に貢ぎすぎた

これも年末年始にお金を借りる理由としてよくあるものです。クリスマス前に借りる人もいれば、クリスマスの無理がたたって、あとでキャッシングする人もいるでしょう。

どちらにしてもクリスマスのデートというのは、そこまでお金を使う価値があるのか?ということは、よく自問自答するべきです。「みんなやっているから、やりたい」という気持ちはわかりますが、その「みんな」は、ほぼ全員庶民であるという悲しい現実も直視すべきです。

ここでいう庶民とは「定年まで働き続ける人」のこと。年収が1000万円以上あっても、「生活のために働かなければいけない」という人は、みんな庶民です(もちろん、生活保護を受けている人も庶民です)。

「クリスマスの強制力」は、確かに経済を活性化する上ではとてもいいものです。しかし、ケーキにしてもホテルにしても、相場がもっとも高くなるとわかっている時に買うという、「成功する投資家とまったく逆の行動」をとっていることを、忘れてはいけません。

2章 目次へ

3.参考サイト・文献一覧


SMBCコンシューマーファイナンス「年末年始休業のお知らせ」

https://cyber.promise.co.jp/pdf/201511_nenmatsunenshi.pdf

アコム「年末年始のお知らせ」

https://www.acom.co.jp/newsdetail/111_p_acm.html

SMBCモビット「SMBCモビットからのお知らせ」

http://www.mobit.ne.jp/other/info/

アイフル「年末年始営業のご案内」

https://www.aiful.co.jp/popup/?cid=PFP0H930

ノーローン「年末年始の営業時間のお知らせ」

http://noloan.com/info/info20111201.php

『お金がどんどん増える人 お金がたちまち消える人』

→午堂登紀雄/2015年/学研パブリッシング

→「お金持ちは、シーズンが終わった時に服などを安価で買う」という点を、参考

目次に戻る
人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧
マネポタ:カテゴリ