借りる

大手消費者金融は審査が厳しいって本当?

大手はキャッシング初心者が多い

ルーペ

大手消費者金融を利用する方の多くは、初めてキャッシングする方です。
初めてキャッシングする時は、どの金融会社を利用すればよいのか分からないので、知名度が高く安心できる大手を利用するケースが多いです。

そのため、大手を利用する方の大半は初めてキャッシングする方です。
初めてですので借入件数0が当たり前ですし、信用情報もきれいです。
そのような人たちと比較すると、借入件数が3件以上ある方や信用情報に延滞の記録がある方は厳しい目で見られます
たとえ総量規制の範囲内であっても、利用可能額が10~20万円程度と少額になる可能性があります。

初めてなのに断られた場合は?

借入件数が0件なのに融資を断られた場合、他の属性が悪かったことが考えられます。
たとえば、アパートに引っ越したばかりで居住年数が半年以内ですと、また近いうちに引越しされる可能性があると見なされ、審査に通りにくくなります。
持ち家の場合は、たとえ家族所有のものでも一定の信用がありますが、アパート、借家の場合は信用が低くなります。
転職したばかりで勤続年数が1年未満という場合も、その職業を長く続けるか分からないので、将来の収入が安定しないかもしれない(返済が滞るかもしれない)と思われ、審査で不利になります。

大手の審査方法

大手消費者金融の審査は、コンピューターによるスコアリングで審査するので、本人がどんな事情を抱えているかに関わらず、スコアの合計が一定以上でないと審査を通過することができません
そのため、スコアリングを意識して自分の状況を整理してから申込むことをおすすめします。

たとえば、現在はアパートに住んでいるけれど家族の持ち家がある場合は、住所を家族の持ち家で登録し、連絡用の電話番号だけ携帯電話にしたり、使用していないキャッシング会社と契約している場合は解約してから申込んだりするなど(いつでも使える状態であれば、利用可能額も借入金額としてカウントされる可能性があります)、少し工夫するだけで審査に通る可能性はグンと高くなります。

信用情報を確認される

また、大手消費者金融では必ず信用情報に照会し、キャッシングの利用状況を確認します。
小規模の消費者金融では信用情報機関に加盟していないケースも多い為、信用情報に延滞・遅延などの情報が記載されていても審査に通る可能性はありますが、大手では致命的になります。

消費者金融は主にJICCという信用情報機関に加入していますが、大手ではCICにもダブルで加入しているケースが多く、その場合は携帯電話の分割払いやクレジットカードのリボ払いの支払状況なども丸分かりです。
信用情報に傷のある方は、情報が消えるまで新規申込をしない方がよいでしょう。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧