借りる

キャッシングは1万円未満でも借入可能?

千円単位で利用できるキャッシングは?

千円1万円

キャッシングの多くは1万円単位の借入が基本となっていますが、大手消費者金融や一部の銀行カードローンでは1,000円単位の借入も可能です。
たとえば、アコムプロミスアイフルSMBCモビットみずほ銀行カードローン三菱UFJ銀行カードローンなどは1,000円単位で利用できます。

ただし、提携ATMを利用する場合、1万円単位じゃないと引き出せない場合もあります。
また、提携ATMは手数料が別途必要になる場合もあります。
1,000円借りるために100円も200円も手数料を払う必要があるのでは、キャッシングをするのが躊躇われてしまうと思います。
申込前に自分が利用する提携ATMの種類を調べ、金融会社の公式サイトで手数料を確認しましょう。
金融会社の指定ATM(キャッシング専用ATM)なら手数料無料になることが一般的ですが、コンビニなどの提携ATMですと、金融会社によって手数料が大きく異なります。

ちなみに、1万円単位じゃないと取引できないキャッシングでも、提携ATMによっては1,000円単位で引き出すことが可能ですので、少しずつ借りたい方でも安心です。

銀行カードローンは利便性が高い

提携ATMを無料で利用したいなら、銀行カードローンを中心にチェックすることをおすすめします。
銀行は消費者金融よりも提携先のATMが多く、手数料無料になるケースが多いです
みずほ銀行と三菱UFJ銀行については、1,000円単位で借入可能なだけじゃなく、自社の指定ATM、提携ATMともに手数料無料で利用できるので、使い勝手は抜群です。

銀行の場合、ネットバンキングに加盟すれば、携帯やパソコンからアクセスしてキャッシング口座と預金口座のお金を移動させることができます。
預金口座に直接入金してもらえば、クレジットカードの支払いなども簡単です。
銀行の営業時間に関わらず24時間取引可能になるのもメリットです。

1万円未満になると残高不足?

1万円単位で取引することとなっているキャッシングの場合、利用可能枠の空きが1万円未満になった場合、「残高不足」あるいは「0円」と表示されて新規借入できない場合があります。
実際には9,000円分の空きが残っていても、1万円に満たないとシステム上取引できないということですので、1,000円単位で借入したいという方は注意が必要です。

わざわざ1,000円や2,000円のためにキャッシングに申込みたくないという方は、お手持ちのクレジットカードにキャッシング枠を付けてもらうという方法もあります。
キャッシングが不要になったら、利用可能枠を0円に設定して使えない状態にしてしまうと、セキュリティ上も安心です。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧