借りる

クレジットカードのキャッシングが「残高不足」で使えない?

キャッシングは申請が必要

銀行ATMカード

クレジットカードにはキャッシング機能が付帯しているカードもあります。
しかし、キャッシング機能があるからといって誰でも利用できるわけではありません。
キャッシングするためには、いくらまで利用できるという与信枠(利用可能枠、限度枠)を付けてもらわなくてはなりません。
クレジットカードを普通に発行するだけでは与信枠は0のままであり、与信枠を付けるためには別途申込・審査が必要になります

クレジットカードを申込む時に、キャッシング希望欄にチェックを入れれば、ショッピングだけじゃなくキャッシングの審査も同時に行うことができますが、カード発行後に与信枠を付ける場合は、電話やホームページなどから申込む必要があります。

審査する内容は、クレジットカード発行の審査の時とほとんど変わりませんが、与信枠を付けると審査基準が高くなるため、審査に通りにくくなります。
クレジットカードの審査は、消費者金融よりも厳しい傾向があります。
連絡先や勤務先がはっきりしているだけじゃなく、多重債務や多重申込、延滞なども審査に落ちる原因となります。

残高不足になるケースとは?

与信枠を付けているにも関わらず残高不足になる場合、与信枠の上限に達してしまったか、一時的にカードの利用をストップされているなどの理由が考えられます。

与信枠とは、契約時に定められた借入できる上限金額です。
与信枠が10万円の場合、すでに借入額が10万円に達している場合は、返済しない限り新たな借入はできません。
キャッシングの返済はリボ払いですので、毎月の返済額が少なくなりやすく、なかなか残高が減りません。
返済ペースに対して借入ペースが早いと、すぐに与信枠に達してしまいますので、上限に達しやすいという方は、追加返済を積極的に行うなどして残高を減らす習慣を付けた方がよいでしょう。

カードをストップされるケースというのは、クレジットカードの支払い(ショッピング含む)で遅延になっている場合や、キャッシングの回数制限に達してしまった場合などが考えられます。

1万円未満は0円扱い?

また、1万円以上与信に空きがないと借入できないケースもあります。
ほとんどのキャッシングが1万円単位で利用できるようになっているため、与信枠が1万円未満ですと、1,000円や2,000円だけ借入できない場合もあります(その場合、与信枠も0で表示されます)。
1,000円単位で利用できる場合でも、提携先のATMによっては1万円以上じゃないと引き出せない場合があります。
クレジットカードのキャッシングは、銀行や消費者金融に比べて融通が利かないことが多いですので、利用方法をよく確認してから契約しましょう。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧