借りる

社内ブラックでも他社の審査に影響するの?

法律では禁止されているが…

ビル
ある金融機関で社内ブラックになった場合、その会社にはいくら申込んでも審査に通らない状態になります。
「他の金融機関に申込めばいいや」と考えている方も多いと思います。
確かに社内ブラックの情報を他社に流出させることは法律で禁止されています(信用情報に記録される事故情報については別の話になります)。
たとえ親会社・子会社という関係でも、別会社である以上、勝手に情報を流出させると違法になります。

しかし、契約書にグループ会社と情報共有すると記載されている場合は別ですし、たとえ契約書に何も書かれていなくても、第三者が情報の流れを確認する方法はほとんどありません。
金融機関に勤めている方の体験談ですと、グルーブ間の情報共有が行われているケースは多いといいます。
金融機関の種類(銀行・消費者金融・信販会社等)に関わらず言えることですので、銀行だから安心というわけでもありません。
ですので、よほど情報共有のしっかりしている会社以外は、グループ会社で情報共有されているという全体で申込先を探した方がよいでしょう。

保証会社に注目

グループ企業とともにもう1つ注意したいのが、保証会社です。
銀行の場合、消費者金融や信販会社を保証会社にしており、契約に一枚噛ませています。
どのように噛ませているのかというと、最初に保証会社に審査させて、その後銀行が審査するという二重審査の形式を取っており、万が一債務者の返済が滞った場合は保証会社が弁済するという契約を交わしています。
つまり銀行の保証会社に社内ブラックとして登録されている方は、その銀行の審査にも通らないということです。
銀行の名前だけを見て申込むと、実は保証会社が「かつて自分が債務整理を行った消費者金融だった」ということもありますので、申込の際は保証会社についても確認しましょう。

申込履歴が多いと不利

カードローンやクレジットカード等、信用取引の申込では、信用情報に申込履歴が残ります
審査に通過しなくても申込履歴は記載されますし、短期間に申込履歴が多いと、審査で不利になる可能性もあります。
申込自体は自由に行うことができますが、審査に落ちる可能性の高い金融機関に申込んでも、信用情報に余計な情報を付けてしまうだけになります(もちろん審査に通れば別ですが)。
申込履歴は、その人の信用情報に6ヶ月間問い合わせがない場合に削除されるので、余計な情報が付いてしまうと6ヶ月間は待たなくてはなりません。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧