借りる

社内ブラックになる原因とは?

社内ブラックとは?

オフィスパソコン

一般的に「ブラック」とは、信用情報に事故情報が登録される状態を言います。
信用情報は、CICにやJICC等の個人信用情報機関に保管されており、普段は各機関で個別に管理されています。
しかし、事故情報についてはすべての個人信用情報機関に公開されるので、信用取引(キャッシング、カードローン、住宅ローン、マイカーローン、クレジットカード等)がほぼ出来ない状態となります。

それに対して「社内ブラック」は、各金融機関が「この人にはお金を貸さない」と決めている状態であり、社内ブラックに登録されている間は、いくらその金融機関に申込んでも審査に落とされてしまいます。
ブラックと似ていますが、ブラックのように信用情報機関を通して共有されるものではなく、あくまでその金融機関の中で登録されている情報です。
ですので、「この人にはお金を貸さない」という判断を比較的自由に行うことができます。
では、どうのような行為を行うと社内ブラックに登録されるのでしょうか。

社内ブラックの原因とは?

事故情報については、当然社内ブラックとして登録されます。
事故情報とは、「延滞」「債務整理」「強制解約」のことです。
延滞については、事故として処理される場合と処理されない場合があります。
返済日に遅れても1ヵ月以内に返済すれば事故にならないケースが多いですが、繰り返し延滞した場合等は悪質な利用者であると判断されて、事故情報に登録されることもあります。

とはいえ、社内ブラックになることと、事故情報として扱うかどうかは別問題です。
事故じゃないけど社内ブラックになっており、その金融機関やグループ会社、金融機関が保証会社となっているカードローン会社等で、知らないうちにネガティブな情報が回っているということもあります。
社内ブラックになると、時間の経過とは関係なく借入できない状態になるので、色々なところで問題を起こしていると、いずれどの金融機関とも取引できない状態になるかもしれません。
それが社内ブラックの怖いところでもあります。

延滞・事故以外の原因

その他にも利用規約に違反する行為や、常識から逸脱する行為を行ったりすると、金融機関からの信用を失って社内ブラックになる可能性があります。
たとえば、申込項目に虚偽の情報があることが明らかになった場合や、クレジットカードのショッピング枠現金化を行った場合、オペレーターに激しいクレームを付けた場合、金融機関に内緒で住所変更した場合なども、社内ブラックとして登録される可能性があります。
信用取引はあくまで個人の信用に基づくものですので、審査に通過しても信用が下がれば、今まで通り取引してもらえなくなる可能性があります。
金融機関から見て自分がどう見えるのか、時々振り返ってみることも大切です。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧