借りる

カードローンの契約中に金利が上がった?

借入上限と金利の関係

金利とサイコロ

カードローンを契約し、当初は金利15%だったのに途中から金利18%になってしまった。
「そんなことありえない」と思われるかもしれませんが、実際には起こりえます。
といっても、悪徳業者のように利用者を騙して金利を上げているのではありません。
借入上限が変化すると、それに比例して金利も上がったり下がったりするのです。

カードローンの金利は、個々の借入上限に対して決められます。
たとえば、借入上限100万円以上の人は金利10%、100万円未満の人は金利15%、50万円未満の人は金利18%というように、各カードローンによって細かく設定されています。
借入上限が大きくなると金利も低くなるのは、どのカードローンでも一緒です。
借入上限は、利用者の年収や勤続形態、他社借入の有無など、様々な要素によって決められており、その人の返済能力を示しています。
返済能力が高いということは、貸し倒れのリスクが少ないということですから、金利を下げてもよいことになります。
もちろん金利を下げないという選択肢もありますが、その場合は競合する他社に優良顧客を取られてしまいますので、どのカードローンでも借入上限が大きくなるほど金利は下がります
カードローンの契約中に金利が上がったというのは、何かしらの理由で返済能力が低いと判断され、借入上限が下がったということが考えられます。

借入上限が下がるケースとは?

借入上限が下がるケースはいくつかあります。
たとえば、毎月の返済日に遅れた場合です。
返済に遅れると、個人のローン履歴である信用情報に延滞マークが付けられます。
1・2回の延滞であれば「うっかり」ということも考えられますが、何度も続くようですと「返済能力に見合わない借金をしているのでは?」と思われます。
他社借入が多い場合も、多重債務も疑われるので、借入上限を見直される可能性があります。
また、転職して収入が少なくなった場合など、他の要因によって借入上限が低くなることもあります。

総量規制に引っかかる場合も

消費者金融やクレジットカード会社では、法律によって年収の3分の1までしか貸付できないと決められています(総量規制)。
年収の3分の1というのは、他社借入を含めて金額ですので、カードローンを契約した後に他の業者からも借入して年収の3分の1を超えてしまった場合、同じ条件で契約を継続することができなくなります。
その場合、借入上限が低くなるか、カードローンを解約されることとなります。
銀行の場合、総量規制は適用されませんので、年収の3分の1という規定にこだわる必要はありませんが、他社借入が多くなると銀行でもリスクの高い利用者と見なされますので、借入先はあまり増やさない方がよいでしょう。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧
マネポタ:関連サービス