借りる

携帯割賦払いの審査|クレカの審査よりも緩い?厳しい?

携帯割賦払いの審査とクレカ審査には
若干の違いがあります

机の上に並んだスマホ携帯端末が5万円、6万円するのが当たり前の時代になりましたが、携帯電話を購入する際に割賦払いを利用する人が多いかと思います。

割賦払いというのは携帯電話の本体を分割で購入することで、毎月の携帯電話使用料と一緒に端末代も支払っていく形になっています。

携帯割賦も他のローンと同様の扱いです

端末代を毎月の通話料などと一緒に支払っていくため、携帯割賦は他のローンとは違うものだと思われている人も多いようですが、分割払いで購入している以上、携帯割賦もローンということになります。

携帯代滞納でブラックになります

ローンである以上は、支払い状況が信用情報機関に登録されてしまいますから、毎月の携帯料金を滞納してしまえば結果的に自滅行為となってしまいます。ローンであるという認識が薄いため、「携帯料金くらい大丈夫」と勘違いしてしまうと、思わぬしっぺ返しをくらうことになります。

携帯割賦の滞納で金融ブラックとなってしまう人が後を絶たないようですが、
それについてはコチラ>>>「携帯電話料金を滞納するとカードローンが組めないって本当?」を参照してください。

ローンということは、逆を言えばしっかりと支払いを続けていればクレヒスも蓄積できるということになります。
とにかく、携帯を割賦払いで購入している場合は、絶対に延滞をしてはいけません。

ブラックでも携帯端末を購入できてしまうのはなぜ?

さて、ここからが本題なのですが、実は、ブラックなのにローンであるはずの携帯割賦で端末を購入できてしまう人もたくさんいます

ローンであれば、一般的には審査に通過するのは難しいのが普通ですが、ブラックでも審査に通過できてしまうのはなぜなのでしょうか?

携帯キャリアの審査はクレカほどの統一性がない

クレジットカードの審査と言うと、基本的にはその審査基準は似たり寄ったりです。少なくとも、一般的なクレジットカードであれば、ブラックの人にクレジットカードを発行する可能性はかなり低くなります。

当然、携帯割賦の支払い状況も、ドコモならCIC、ソフトバンクならCICとJICCに支払い状況が掲載されます。
しかし、携帯電話各社の行っている審査は、かなりハードルが低く設定されています。たとえブラックであっても、口座振替による携帯代の支払いで一定期間遅延や延滞がない状態であれば、ほぼ審査落ちすることはないとも言われています。

現在携帯割賦を利用できないなら、口座引き落としで実績作りを

現在、携帯割賦が利用できなくて困っている場合、まずは携帯代の支払いを口座振替にした上で、引き落としの実績を積んでおくことで割賦払いでの審査に通る可能性が高くなります。

たとえブラックでも顧客を獲得したい

通常のローンやクレジットカードではあっさりと審査に落とされてしまうのに、なぜ携帯割賦では審査に通過できることができるのかというと、それはひとえに「顧客が欲しい!」という一言に尽きます。

加熱する顧客獲得合戦

今や、携帯キャリア各社の顧客獲得合戦が熱を帯びているのはよくご存知かと思いますが、その過熱ぶりは我々一般消費者が思っている以上に激しいものがあります。

毎月発表される携帯契約純増数でも分かるように、とにかく生き残りを掛けた激しい顧客獲得合戦が繰り広げられています。よほど属性の酷い人でなければ、ほとんどの場合ブラックでも審査に通してしまうのです。

ガラケーからスマホへの機種変でも同じです

また、近年では携帯キャリア各社はスマホへの移行に力を入れています。一時は「ガラケーがなくなるのでは?」という憶測が飛び交ったほど、スマホ移行への執着は凄まじいものがあります。

そうしたこともあり、既存の顧客でガラケーを利用していた人がスマホへ移行する際には諸手を挙げて歓迎してくれる風潮すら感じられます。

事実、同キャリアでガラケーからスマホへ移行する際の携帯割賦の審査は、例えブラックであっても高い確率で通過できてしまうのが現状です。

携帯キャリアの中でもっとも審査が厳しいのは?

現在、日本の携帯キャリアでは、ドコモ・KDDI・ソフトバンクの3つが知られていますが、その中でもっとも審査が厳しいと言われているのがソフトバンクです。

ソフトバンクの場合は、過去にソフトバンクを一度も利用したことがないという人や、クレヒスがまったくない(ホワイト)人は審査落ちしてしまうケースもあると言われているほどシビアです。

他社で未払いがあればどこでも審査落ちです

ただし、当然の話ですが、他社携帯電話の利用料を滞納したままであれば、新たに契約しようとしても審査通過は不可能です。

昔は、携帯料金を滞納していても、他社携帯を契約することができた時代もありましたが、現在では携帯各社で情報を共有しているため、絶対に契約することはできませんので知っておきましょう。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧