借りる

信用金庫で借りる場合、信用情報はチェックされる?

保証会社に注目

情報

信用金庫は、銀行と同じように保証会社と契約しています。
保証会社とは、債務者が弁済不能に陥った時、債務者に代わって借金を立て替えてくれる会社です。
信用金庫によって契約している保証会社は異なりますが、保証会社の多くは信用情報機関に加盟しており、審査に際に信用情報をチェックします

保証会社が違うと加盟している信用情報機関も異なりますが、信用金庫の個人向けローンで保証会社になることが多い「社団法人しんきん保証基金」の場合、日本の3大信用情報機関(全国銀行個人信用情報センター、株式会社シー・アイ・シー、株式会社日本信用情報機構)のすべてに加盟しています。
3つの信用情報機関に加盟していると、銀行からクレジットカード会社、消費者金融に至るまで、ほぼすべてのローン履歴を確認することができます。

信用金庫の事業者向けローンで保証会社になることが多い全国の「信用保証協会」も、ほとんどの場合3大信用情報機関に加盟しています。
信用保証協会が加盟している「社団法人全国信用保証協会連合会」では、信用情報に関する記述はありませんが、基本的に信用情報を確認されていると考えた方がよいでしょう。

同意書を確認しよう

審査に申込む際、個人情報の取扱いに関する同意書を作成しますので、そちらに加盟している信用情報機関の名前が記載されています。
本人の同意なしに信用情報機関に問い合わせることはできませんので、信用情報を閲覧されたくない場合、その時点で申込みを取り消すこともできます。

貸金業者が保証会社になる場合

信用金庫のローンによっては、信販会社や消費者金融が保証会社となっている場合も多いです。
信用金庫の金融商品の中に、似たようなローンがいくつもある場合もありますが、それは保証会社が異なる別のローンだからです。
保証会社が消費者金融で、その消費者金融が本信用情報機構にのみ加盟している場合は、他の信用情報機関に登録されている情報は閲覧されません。
ですので、あまり信用情報を閲覧されたくないという方は、保証会社を確認してからローンを決めるのもありでしょう

情報交流システムがある

ただし、事故情報についてはCRIN(クリン)という情報交流ネットワークにより、すべての信用情報機関で共有されています。
ですので、どの保証会社を選んでも事故情報は分かってしまうということです。
多少の延滞では事故情報になりにくいですが、繰り返し延滞している方、延滞期間が数ヶ月に及んでいる方は、事故情報として登録されている可能性がありますので、一度信用情報開示請求を行って確認した方がよいでしょう。
事故情報が登録されている間は、信用金庫だけじゃなく消費者金融や信販会社の審査にもほとんど通らない状態となります。

また、日本信用情報機構とシー・アイ・シーは、FINE(ファイン)によって貸付の残高など、一部情報を共有することができます。
消費者金融やクレジットカードのキャッシングの残高が多い場合は、信用金庫の審査でもネガティブに判断されるでしょう。
ただし、信用金庫は総量規制の対象外ですので、多少借入が多くても審査に通る可能性があります

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧