借りる

内定していれば無職でもキャッシングできる?

銀行なら内定者でも審査に通る可能性あり

内定

現在無職だけど就職が内定している場合、内定を理由にキャッシングを利用することはできるのでしょうか。
結論から言うと、銀行カードローンなら借入できる可能性があります。

消費者金融やクレジットカードのキャッシングですと、貸金業法の総量規制によって、無職に貸付することが禁止されています。
将来収入が入ってくる予定があるという方も、現時点で無職ですと申込むことができません。

しかし、銀行は総量規制の対象外ですから、無職でも申込み可能です
とはいえ、返済能力のない方には銀行もお金を貸すことができませんから、就職内定者のように将来収入が入ってくる予定があるなど、返済能力があることを示す必要があります。

入社前研修などですでに給料が発生している場合は、貸金業者にも申込むことができますし、銀行の就職内定者として申込んでも、審査に通る可能性は高くなります。

申請前に相談しよう

まだ給料が発生していなくても、将来確実に収入が見込める状態であれば、担当者に説明することで審査に通る可能性あります。
申込書には、就職内定者かどうか記載する項目はありませんので、申込前に電話するか、窓口で直接相談しなくてはなりません。

まだ就職していないにも関わらず、申込書に内定先を書いてしまうと、通常通り在籍確認が行われてしまいます。
当然、勤務実態はありませんから虚偽申告と見なされてしまい、審査に落ちてしまいます。

アルバイトの収入がある場合は?

内定者の場合、人によって経済状況などが異なりますので、具体的に話しましょう。
アルバイトなどで少しでも収入がある方は、収入について申告することも忘れてはいけません。
たとえ数万円でも、収入源がある方とない方とでは雲泥の差があります。

アルバイトで一定の収入があるならば、内定者ではなくアルバイトとして申込む方がよい場合もあります。
銀行も含め、ほとんどの金融会社ではアルバイトの申込みに対応しています。
借入額が10万円や20万円であれば、月収10万円以下の方でも審査に通る可能性があります。

学生と保証人

また、担保や保証人を付けるという方法もあります。
担保は、担保となる土地や品物の調査に手間や時間がかかりますので、保証人を要求されることが一般的です。
一定の収入があれば、誰でも保証人になることができますが、友人よりも家族・親族を保証人にした方が信用されます。

学生の場合、内定者であっても親権者の同意が必要になりますが、親権者を保証人として要求するかは、銀行の方針によって異なります。
ただし、内定の有無に関わらず学生の申込不可というケースもありますので、事前確認が必要です。

ローン実績があれば有利

また、キャッシングの審査では信用情報も重視されます。
信用情報とは、申込人のローン履歴です。
他社のローン審査に通過している方や、ローンの返済実績がある方は、返済能力が高いと判断させて審査に通りやすくなります。
つい最近までローンを利用しており、完済したという方であれば、完済実績が付いているため、信用情報がプラスに働く可能性が高いです。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧