借りる

カードローンの利用可能枠を増枠したい

利用可能枠に達してしまった場合

電話に困る男性

カードローンの利用可能枠に達してしまい、もっとお金を借りたいという場合、2つの方法が考えられます。
1つは、他のカードローン会社と新規契約することです。
その場合、複数のカードローン会社に返済することとなりますが、返済日が増えて管理しにくくなりますし、信用情報に余計な情報が増えてしまい、今後のローン審査に影響を与える可能性もあります。

もう1つは、現在利用しているカードローンの利用可能枠を増やすことです。
増やすといっても、自分の意志だけで増やせるわけではありません。
カードローン会社に連絡して増枠を申込み、審査してもらいます
審査にはそれほど時間はかかりませんが、数日程度待つ場合もあります。
増枠する金額によっては、収入証明書の提出が必要になる場合もあります。

増枠の審査基準とは?

増枠の審査では、新規申込をした時と同じように返済能力を確認し、いくらまで貸付可能か判断します。
貸金業者の場合、総量規制によって年収の3分の1までしか借入できませんから、すでに利用可能枠が総量規制に達している場合、貸金業者の審査に通ることはありません。
その場合は、銀行カードローンに新規申込した方がよいでしょう。

また、信用情報の確認も必ず行います。
頻繁に延滞している方は、「お金がないから延滞しているのでは」「約束にルーズな人」と思われてしまい、増枠を却下される可能性があります。
信用情報を見れば借入・返済状況が一目瞭然ですので、増枠したい方は1日でも延滞しないように気を付けましょう
もしも延滞してしまった場合、信用情報から延滞の記録が消えるのを待ってから申込んだ方がよいでしょう。

借入・返済実績があることが前提

全然カードローンを利用しておらず、借入・返済実績がないのに「増枠したい」と言われても、カードローン会社からすれば「何のために?」と疑問に思われます。
「たくさん借りて借金の踏み倒しを狙っているのではないか」などと思われてしまうと、審査に通ることはできません。

また、他のカードローン会社を利用している場合、すでに多重債務になっているので、増枠を却下される可能性が高いです。
たとえ他のカードローン会社から借入していなくても、一定の利用可能枠があり、いつでも利用できる状態です。
増枠審査では、他社の利用可能枠も差し引いて計算しますので、たとえ増枠可能となっても、増枠できる金額が少なくなってしまいます。
使用していないカードローンがあれば、解約してから増枠を申込んだ方がよいでしょう

増枠する時は、普段利用しているカードローン会社に申込むこと、一定の借入・返済実績があり、延滞トラブルを起こしていないことが前提条件となります。
また、新規契約してすぐに増枠しようとしても断られる可能性が高いです。
早くて半年、できれば1年間はそのまま利用し、十分な実績を積んでから増枠申請することをおすすめします。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧