借りる

収入証明書はいくらから必要?

銀行とノンバンクで異なる規制

書類

キャッシングは借入金額によって収入証明書が必要となる場合があります。
銀行の場合、それぞれ独自基準を設けているため一概のこの金額からというものはありません。
ですので、300万円まで収入証明書不要というケースもあれば、50万円の借入でも求めるケースがあります。2017年春以降は審査が厳しくなっているため、一般に収入証明書の提出を求めることが多いようです。

それに対してノンバンク(消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者)は、貸金業法によって収入証明書を必要とする金額が明確に定義されています。
それによると、1社から50万円以上借入する場合、あるいは借入金額の合計が他社を含めて100万円に達する場合、収入証明書の提出が必要になります。
こちらは義務ですので、貸金業者の方も対象者に対しては必ず求めてきます。
もしも書類を提出しない場合は審査に通らない、あるいは借入制限を受ける可能性があります。

複数の借入先がある場合は?

複数の貸金業者を利用する場合、後から100万円を超える場合もありますが、その場合は借入先すべてに収入証明書を提出した方がよいでしょう
たとえば、最初はA社から50万円借りていて、その後B社から50万円、C社から30万円というように借入金額が増えていく場合、C社に申込む時はもちろん、A社、B社にも問い合わせた上で収入証明書を提出した方がよいでしょう。
提出しない場合、後から利用可能額が低くなったり、更新されずに解約されたりする可能性もあります。

しかし、各社に収入証明書を提出するのでしたら、1社から大きな金額を借りられるように交渉し、他の貸金業者とは解約してしまうことをおすすめします。
その方が金利も低くなりますし、多重債務で自転車操業に陥るというリスクも減らすことができます。
1社から高額借入できるようになると、それだけ信用されていると見なされますので、信用情報をチェックされた時もプラスに働きます。

増枠申請する場合も必要

増枠申請する場合も、収入証明書の提出を求められます。
たとえ50万円以下の借入であっても、総量規制もありますので、いくら増枠できるかその時の収入を見て判断することとなっています。
そのため、最初に高い利用可能額を提示されたら、その利用可能額で契約してしまった方が、後で増枠申請する手間も省けてよいでしょう。
ただし、利用可能額が大きいと使ってしまう可能性がある方は、必要最低限の金額で契約することをおすすめします。

収入証明書の種類と送り方

収入証明書は、源泉徴収票、支払調書、確定申告書などが使用できます。
給与明細書も、直近2~3ヶ月分のものを用意できれば使用できる可能性があります。
収入証明書は、郵送だけじゃなく電子メールやFAXで送信することが可能です。
各社によって使用できる書類や送り方などが異なりますので、必ず詳細を確認してから送付しましょう。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧