借りる

主婦は夫の年収で申込可能?夫の信用情報に注意!

配偶者貸付でも不利になるケースとは?

困っている女性

専業主婦が「配偶者貸付」を利用して申込む場合、配偶者の信用情報に注意する必要があります。
配偶者貸付とは、本人と配偶者の収入を合算して申請できる制度であり、無職の専業主婦でも夫の収入で申込めます。
ただし、配偶者貸付を利用する場合は、本人だけじゃなく配偶者の信用情報もチェックされるので、配偶者の信用情報に問題がある場合は審査に通る可能性が低くなります。
借金について相談すると、実は夫も隠れて借金を作っていたというケースは多いです。

すでに多くの金額を借入している場合や、延滞などで信用情報に傷が付いている場合は、配偶者貸付を利用しても新規借入できない可能性が高いです。
借入金額については、他社を合わせて年収の3分の1までしか融資できないという「総量規制」がありますので、すでに借入している場合はその分を差し引いて考える必要があります。

もう1つ注意したいのが、配偶者貸付を利用すると、申込人だけじゃなく配偶者の信用情報にもローン履歴が記録されるということです。
もしも遅延した場合、配偶者の信用情報にも傷が付いてしまいますので、住宅ローンやマイカーローンの審査で不利になる可能性があります。
信用情報は一定期間が経過すると削除することができますが、近々大きなローンを組む予定があるという方は、より綿密な返済計画を立ててから利用することをおすすめします。

主婦でもアルバイトをしていると有利

専業主婦でもこれからパート・アルバイト等で働くことを考えている場合は、先に雇用契約を結んでから申込むことをおすすめします。
まだ収入を貰っていなくても、1年間の年収として合算することができるので、借入できる金額の上限を増やすことができます

本人が働く場合は、配偶者貸付を利用する必要はありませんが、ある程度まとまった金額を借入したいと思ったら、配偶者貸付を利用した方が良いでしょう。
雇用契約を結んだばかりですと「勤続年数」が短すぎるので、収入の面で不安があると見なされます。
しかし、配偶者貸付を利用すれば夫の信用がプラスされるので、審査で有利に働くケースが多いです。

ただし、上述したように配偶者の信用情報に問題がある場合は、かえって審査にマイナスになる可能性もあります。
もしもCRIN(情報交流ネットワーク)に事故情報が登録されている場合、大手でキャッシングすることはほとんど不可能です。

配偶者貸付を利用できない場合

キャッシング会社によっては配偶者貸付を扱っていない場合もあります(大手ではほとんど扱われておりません)。
そのような場合は本人が個人的に申込む必要があります。
本人に収入があれば申込自体は可能ですか、収入が低い、勤続年数が短いなど、全体的な属性が低い場合は審査に通りにくくなりますので、なるべく10万円以下の少額借入で申請しましょう。

ちなみに、銀行や信用金庫、農協など、公共性の高い金融機関については、パート・アルバイトをしていない専業主婦でも申込可能です。
配偶者貸付も利用できますし、総量規制も適用されませんので、専業主婦であれば先に銀行カードローンなどの審査を受けた方がよいでしょう。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧