借りる

高校生でもキャッシングはできる?→銀行のデビットカードは持てる

女子高校生の画像

高校生でもキャッシングはできるのか―。ポイントをまとめると、

  • 消費者金融・銀行カードローンでは無理
  • クレジットカードは「デビットカード」ならOK

となります。デビットカードとクレジットカードの違いは、

  • デビットカード…利用と同時に、自分の「銀行口座」から引き落とす
  • クレジットカード…翌月以降に引き落とす(つまり、借金)

ということ。簡単に言うと、

  • デビットカード…借金ではない
  • クレジットカード…借金である

ということですね。

デビットカードは「キャッシング」なのか?

正確には、デビットカードで「キャッシング」はできません。ポイントをまとめると、

  • 「自分が今口座に持っているお金」しか使えない
  • 実質、銀行のキャッシュカードに近い

ということ。ではキャッシュカードと、デビットカードの違いは何か?というと、

  • キャッシュカード…現金を下ろすだけ
  • デビットカード…クレジットカードのように「買い物」もできる

ということです。つまり「デビットカードの方が便利」ですね。

デビットカードのデメリットは?

「ただ便利なだけで、デメリットはないのか?」と思う人も要るでしょう。もちろん、デビットカードにも「キャッシュカードにはないデメリット」があります。まとめると、

  • 発行の手間がかかる
  • ↑(たとえば1時間かかるなら、バイトすれば1000円稼げたかも知れない)
  • ついつい買い物をしすぎる(クレジットカードほどではないが)

ということです。多くの人の場合、当然ですが「後者」がデメリットでしょう。「時給1万円」という人だったら、前者の方が大きなデメリットかも知れません。

(もちろん、そんなレベルのお金持ちだったら、普通に高いステータスのクレジットカードを持っていまうが)

ということで、デビットカードも「ひたすらキャッシュカードより便利なだけ」ではありません。ただ、基本的には「買い物もできて、より便利になったキャッシュカード」と思っていいでしょう。

「カードでの買い物」をキャッシングと呼ぶなら…

というようにデビットカードはクレジットカードと同じように買い物することはできるのです。このような「カードでの買い物」を「キャッシング」と呼ぶ場合は、高校生でもキャッシングできるということになります。

もちろん、これは「キャッシングという単語の厳密な定義」とは違います。キャッシングという言葉の厳密な意味は、現金で借金することですから、借金ではないデビットカードの利用は、キャッシングとは言いません。

ただ、この辺の正確な定義は、「ある程度金融の知識がある人」しかわからないものです。そのため、「カードでのショッピング」という意味で「高校生でもキャッシングできるのか?」と疑問を持っている方もいるでしょう。そうした方のために、このような解説をさせていただきました。

なぜデビットカードは高校生でも持てるのか

なぜデビットカードは、高校生などの未成年・20才未満でも持てるのか―。理由は簡単で、

  • 「銀行口座にある分」しか使えない
  • つまり「いくら使われようと、銀行には一切リスクがない」

ということ。なのでデビットカードは高校生でも作れるのです。さすがに中学生は無理ですが、中学を卒業していれば、15才以上から作れるというルールになっています。

一切銀行側にリスクがない以上、デビットカードは「どんどん使って欲しい」ものなのです。

  • その高校生が、デビットカードで買い物しまくる
  • 残高がなくなる
  • 残高が常にあるように、給与振込口座を、その銀行にしてくれる
  • 給与振込口座には指定しなくても、ひんぱんに入金してくれる

ということです。言うまでもなく、銀行というのは人々から預かったお金を運用して利益を得ているので、こうして「どんどんお金を預けてくれる」ことは、非常にありがたいのです。

(もちろん、すぐにデビットカードで消費されてしまうわけですが、それでも「一時金」がどんどん入ってくるし、その銀行に慣れ親しんでくれる、というのが大きいのです)

特に高校生・10代の場合その後の人生が長いので、その銀行に慣れ親しんでもらうメリットが大きいというわけですね。なので、デビットカードはクレジットカードと違い、高校生でも発行できるのです。

「学生ローン」なら高校生でもOK?

キャッシング業者の中には「学生専用ローン」というものもあります。結論を言うと、学生専用ローンでも、高校生がキャッシングすることはできません。ポイントをまとめると、

  • 学生専用ローンは「大学生以上」のためのものである
  • 専門学校生・大学生・高専生・大学院生…などのためのローン
  • 同じ学生でも「高校生・中学生」は無理

…ということです。

「高校生OK」の学生ローンがあったら要注意

もし例外的に「高校生でもお金を借りられる」という学生専用ローンがあったら、それは危険な業者かも知れない…と思ってください。というのは、

  • 女性だったら、高校生の方がむしろ風俗業で稼ぎやすい
  • 合法な風俗店ではなく、アンダーグラウンドの風俗業者の場合、
  • 非行に走っている高校生を「人材」として確保するため、
  • 「学生専用ローン」と偽って営業している可能性がある

…ということです。もちろん「こんなことをしている危険な業者はほとんどいない」のですが、万が一そういう業者を見つけたら、当然ですが「絶対借りない」ようにしてください。

「レディースローン」では、実際にある手口

上のように、ヤクザが運営する風俗店が、貸金業者と提携して「女性の人材を集める」というのは、レディースローンでは、実際に定着している手口です。

もちろん、プロミス・アイフル・アコムなどの大手が提供するレディースローンの場合、そのようなことはありません。しかし、中小業者で、しかも運営年数が短い貸金業者が提供する女性向けローンの場合、「そういう罠」である可能性もあるのです。

(あくまで、ごく一部の業者だけですが)

レディースキャッシングでこの手口が定着している以上、学生専用ローンでもそれはあり得ます。そうでもなければまともな業者が「高校生でも融資OK」などとうたうわけがないということを、知っておいてください。

まとめ「高校生のキャッシング」について

以上、「高校生でもキャッシングできるのか?」という疑問のポイントをまとめると、

  • 高校生は「キャッシング」はできない
  • 「デビットカード」は持てる
  • このデビットカードで「クレカのような買い物」はできる
  • 学生専用ローンでも、高校生は借りられない
  • もし「高校生OK」の学生専用ローンがあったら、要注意

…となります。高校生のように未成年の若い方は、悪徳業者にも騙されやすいので、くれぐれも注意してください。

カードローン人気ランキング
地域密着カードローンランキング
マネポタ:カテゴリ