借りる

カードローン会社によって他社借入の扱いが異なる?

銀行では消費者金融の借入は不利

お金ドミノ

審査項目の中でも他社の借入金額・借入件数は最重要項目の1つです。
いくら年収が高くても他社借入金額が多ければ、収入は他社の返済に回されてしまい、自社の返済に遅れる可能性があるからです。

特に消費者金融で借入している状態で銀行などに申込むと、ネガティブな印象を与えてしまう可能性が高いです。
というのも、複数の借入先がある場合、消費者はまず金利の高い金融会社から返済していくからです。
これから銀行と契約したいと思っている方は、先に消費者金融を完済してから申し込んだ方がよいでしょう。

信販会社は消費者金融より他社借入に厳しい?

信販会社については、消費者金融と金利がほとんど変わりませんが、信販会社の主な収入源はクレジットカードの手数料や分割払いの利息などであり、消費者金融ほど消費者ローンに力を入れていません。

消費者金融はよく「審査が甘い」と言われますが、消費者ローンとして今まで積み重ねた経験が豊富なため、低所得者をはじめ多様な層に対応できるという特徴があります(そのため、審査基準を低くしても不良債権を一定以下に抑えることができるのです)。

信販会社はそこまで消費者ローンに特化しているわけではありませんので、ある程度「安全」と思われる消費者にしか門戸を開きません。
他社借入についても、銀行よりやや寛容なくらいですので、消費者金融からの借入はないに越したことはありません。
他社借入件数については、銀行に申込むなら1社まで、信販会社は2社までに減らした方がよいでしょう

消費者金融では銀行の借入件数をカウントしない?

反対に消費者金融では、銀行や信販会社など、消費者金融以外の借入をあまり問題視しない傾向があります
業者の中には、消費者金融以外は借入件数としてカウントしない場合もあります。

信販会社については貸金業者として総量規制がありますから、借入金額については一定額を上回らないように考慮されます。
本人名義の住宅ローンを抱えている場合、返済に困っても自己破産しにくいという部分がありますから、消費者金融としてはむしろ「安全」と考えるかもしれません。

といっても、銀行の住宅ローンも払えず生活が圧迫されているような状態ですと、消費者金融でお金を借りた直後に自己破産という可能性もありますから、あまりローンが多い場合は融資見送りになる場合もあります。

消費者金融の多重債務には厳しい

しかし、他の消費者金融から借入がある場合は、途端に審査が厳しくなります。
金利の高い消費者金融で多重債務に陥るということは、破綻への道が近いということですので、自己破産も視野に入れて審査されます。
大手消費者金融の場合、他社借入件数が3社以上あると審査に通りにくくなります
借入先が3社未満であっても、借入総額が年収の3分の1に達している場合は、新たな借入はできません。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧