借りる

ノンバンクと銀行カードローンの違いとは?

ノンバンクとは?

ビル

ノンバンクとは、銀行ではないキャッシング会社ということです。
消費者金融やクレジットカード会社などがそれに当たりますが、昨今は金融業界の再編が進んでおり、銀行と提携したり傘下に入ったりする消費者金融なども増えているので、少々分かりにくいかもしれません。
しかし、ノンバンクというのは銀行ではないということですから、提携の有無に関わらず消費者金融(貸金業者)として運営していればノンバンクとなります。
銀行と提携する金融会社は「銀行系」と呼ばれていますが、「銀行系」でもノンバンクというケースはあるということです。

ノンバンクと銀行では、総量規制の対象となるか、最大融資額や金利などの面で違いが出てきますので、よく確認してから申し込む必要があります。

ノンバンクは融資制限がある

ノンバンクは貸金業者ですので、総量規制の対象となります。
総量規制とは、すべての貸金業者を合わせて年収の3分の1までしか借入できないという規制です。
貸金業者から借り過ぎて返済できなくなる消費者が後を絶たないため、借入できる金額に制限が設けられました。
貸金業法という法律の一部ですので、違反した貸金業者には罰則が与えられます。
そのため、いくら消費者が借りたいといってもノンバンクでは年収の3分の1以上融資することはできません
年収のない無職や専業主婦であれば、配偶者の収入などで申請しない限りお金を借りることができません(配偶者の収入で申請する場合は、同意書や婚姻証明書などが必要になります)。

一方、銀行は総量規制がある貸金業者では無く、銀行法で管理されています。そのため収入に関係なく申込むことは可能です。ただし通るかどうかは別問題ですが。一般的に銀行の方が審査基準は高めですが、銀行カードローンも多種多様です。そのため安定した収入が無いため消費者金融では無職扱いになる専業主婦でも、銀行カードローンなら借入できるものがあるのです。

借り方に合わせて選ぶ

ノンバンクと銀行カードローンでは、ノンバンクの方が金利は高めです。
しかし、50万円以下の借入であれば、それほど金利に差が出ません。
数万円借りて次の給料日に返済するというような借り方をするのであれば、どちらを利用してもあまり変わりません。
すぐにお金を借りたいのであれば、審査に時間がかかりやすい銀行よりも即日融資可能な大手消費者金融の方が利便性は高いです。

しかし、50万円以上借入する場合や返済期間が長くなりそうな場合は、1%でも金利は低い方がよいでしょう。
キャッシングは利用可能額に比例して金利が下がりますが、銀行カードローンは金利の下がり方が大きいので高額借入に有利です。
また、銀行カードローンの返済を口座振替にする場合、利用する普通預金口座がその銀行のものであれば手数料無料で返済できます。
毎月返済していると手数料が占める割合も大きくなりますが、無料であれば安心して利用できますね。

まとめると、収入に関わらず借入したい方、高額借入・長期借入の方は銀行カードローンに向いており、少額借入・短期返済の方はノンバンクに向いているといえます。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧
マネポタ:カテゴリ