借りる

利用可能枠を減枠されても元に戻せる?

減枠されるケースとは?

戻す

キャッシングの契約を結ぶと、その人の信用や返済能力に応じて利用可能枠が設定されます。
利用可能枠が決まると、いつも同じ金額を利用できると思いがちですが、ある日「特別減枠の案内」等の書類が来て、一方的に減枠されてしまうこともあります。
利用可能枠というのは、その人の信用情報を元に決まりますので、信用情報に変化があれば、利用可能枠も変化する可能性があります。
たとえば、会社を辞めて自営業になったり、配偶者貸付を利用していたけれど、離婚して配偶者がいなくなったりした場合など、審査を受けた時と状況が一変してしまった場合などです。

自分から申告しなくても、別のキャッシングやクレジットカードの審査を受けた時に、その申込内容から信用情報が更新されることがあります。
金融機関は一定期間ごとに与信審査を行うので、その時の信用情報の内容によっては、「今までと同じ条件では貸せない」と判断されてしまいます。

所得による貸し付け制限(総量規制)に注意

複数の金融機関を利用している場合は、総量規制にも注意が必要です。

総量規制とは、個人に対する過剰貸付を制限することを目的としており、無担保で年収の3分の1以上貸付してはならないと定めています。
総量規制を超えてしまうと、過剰貸付ということで減枠される可能性があります

総量規制の対象は貸金業者であり、消費者金融や信販会社、クレジットカード会社等が対象となります。クレジットカードについては、ショッピング枠は対象外ですが、キャッシング枠は対象となります。

年収の3分の1というのは、1社ではなくすべての貸金業者の借入合計ですので、借入先を増やしているうちに総量規制を超えてしまうことがあります。

過剰貸付でも審査に通る?

貸金業者は指定信用情報機関に加盟することが義務付けられていますので、すでに年収の3分の1を借りている方に貸付するというケースは少ないです。
ただし、金融機関によって総量規制の捉え方が異なりますので、利用可能枠を基準とするのか、実際に借りている金額を基準にするかによって、実際に数字に差が出てくることがあります。

そのため条件により契約できるケースもありますが、すでに契約している金融機関にとってはアウトということもありますので、減枠に繋がることもあります。

元に戻す方法は?

利用限度額の大きさが原因の場合、毎月の返済を進めて借入合計を減らしたり、他社の利用可能枠を減らしたりすることで、元の状態に戻すことができます
使用していないクレジットカード(キャッシング枠付き)やカードローンを解約するだけでも借り入れ可能な範囲内に戻せる可能性があります。

ただし、すぐに戻るわけではありません。
キャッシングの利用情報は、信用情報にほぼリアルタイムで反映されます。
しかし、キャッシング会社はいつも信用情報をチェックしているわけではありません。
次の与信審査が行われれば、その時に利用可能枠が元に戻る可能性はありますが、なるべく早く戻してほしい場合は、直接キャッシング会社に電話をかけてみることをおすすめします。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧