借りる

クレジットカードのキャッシングも総量規制の対象になる?

総量規制の対象になるのは?

多重債務

キャッシングでは、総量規制という貸付制限があります。
総量規制は、貸金業者による過剰貸付によって消費者が返済不能に陥らないよう定められた法律であり、年収の3分の1以上貸付することを禁止しています。
年収300万円であれば、100万円以上は借りられないということです。
ただし、総量規制は貸金業法の一部ですので、貸金業者にしか適用されません。
貸金業者というのは、消費者金融だけじゃなく信販会社、クレジットカード会社なども含まれます。
クレジットカード会社は、売買代金を分割して支払う割賦販売業者であり、割賦販売法が適用されますが、キャッシングを行う業者については貸金業法も適用されます。
そのため、クレジットカードのキャッシングも総量規制の対象となり、審査に大きな影響を与えます

審査に与える影響とは?

クレジットカードのキャッシング枠を契約するということは、その分新規契約で付与される借入額が低くなるということです。
年収300万円でクレジットカードのキャッシング枠が30万円ある場合、貸金業者から借入できる金額は残り70万円となります。
そのことを知らず、借入希望額100万円で申込んでしまうと、審査に落ちる可能性が高いです。

また、クレジットカードのキャッシング枠は一般カードで10万円~30万円程度であり、1枚1枚の契約額は少なめです。
そのため、クレジットカードだけでキャッシングしようとすると、自然と複数枚のカードを発行してしまい、多重債務の状態になりやすいです。
キャッシングの審査では借入件数によってマイナス評価される場合もありますので、「まだ総量規制に達していないのに審査に通らない」というケースも起こりえます。

クレジットカードは金利も高いですので、高額借入にも向きません。
もしも大きな金額が必要な時は、複数のクレジットカードから少しずつ借入するよりも、銀行や消費者金融などからまとめて借りた方が、金利も低くなるのでお得です。

カードを複数持つ時の注意点

クレジットカードを複数所有していると、どの会社とどんな契約をしたのか忘れてしまうこともあると思います。
クレジットカード業界は競争が苛烈しており、様々なキャンペーンを展開しています。
新規入会キャンペーンで入会したものの、結局使わず放置しているカードもあるでしょう。
しかし、そのカードにキャッシング枠を付けている場合、本人は利用していないつもりでも、信用情報には借入金額○○円と記入されています。
その状態で銀行カードローンなどに新規申込した場合、本人は借入0円だと思っているので、自己申告の内容と信用情報の内容が一致しなくなりますし、すでに契約している分、審査に落ちる可能性も高まります。
第三者に不正利用された場合の対処も大変ですので、クレジットカードは必要以上に発行せず、キャッシング枠も不要であれば付けない方がよいでしょう。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧