借りる

消費者金融の返済に遅れてしまった!信用情報はどうなる?

JICCの遅延情報とは?

消費者金融

消費者金融の多くは、株式会社日本信用情報機構(JICC)という信用情報センターに加盟しています。
消費者金融と契約する際に、信用情報センターに自分の情報を登録することに同意しているはずですので、知っている人も多いでしょう。
JICCが保管している信用情報は、加盟店である消費者金融からリアルタイムで送られてくる情報であり、完済(解約)から最大5年間保管されます。
他の消費者金融もJICCの信用情報を見て、申込人のローン情報をチェックしてから与信を判断しています。
ですので、消費者金融を利用している方にとっては、JICCの信用情報は非常に重要です。
もしも信用情報に遅延などのネガティブな情報が記載されていたら、審査に落ちる可能性が高まります。

しかし、JICCに登録された「遅延情報」については、5年間残るわけではありません。
JICC以外の信用情報機関ですと5年間記録に残る場合が多いですが、JICCの場合「延滞解消から最大1年間」で削除されますので、1年後には信用情報がキレイな状態に戻ります
完済情報など、遅延以外の情報については5年間記録に残りますので、延滞が消えて利用実績だけが残る分、1年後には信用情報の評価がさらに上がるかもしれません。

延滞解消が条件

ただし、気を付けなくてはならないのが、延滞から1年ではなく延滞解消から1年という点です。
裏を返せば、延滞を解消しない限り延滞情報が消えないということですので、延滞している方はなるべく早く返済しましょう。
延滞解消のためには、全額返済する必要はなく、その時点で延滞している金額を返済すればよいのです。
ですので、延滞月×最低返済額、消費者金融によっては延滞日数×利息を返済します。
延滞日数の場合、延滞期間はリセットされますが、その翌日になるとまた1日延滞したことになりますので、貸し倒れにならずに済んでも信用情報の延滞履歴はなかなか消えません。

延滞情報のデメリット

新規借入先を増やす場合や、クレジットカードを作ろうとした場合、延滞情報があると確実に不利になります。
どうしてクレジットカードの審査に不利になるのかというと、クレジット会社や信販会社が多く加盟している信用情報機関、株式会社シー・アイ・シー(CIC)はJICCと信用情報の交流を行っていますので、お互いの契約内容や債務残高、延滞情報などが分かってしまうのです

契約中の消費者金融でも、更新審査に通らず「契約完了」として解約されてしまう可能性もあります。
大手消費者金融の場合、不良顧客を大量に抱えてしまうと株価に影響する可能性がありますから、損切りまでの期間が短いです。

どうしても返済に間に合わない場合は別ですが、浪費等に使用するお金があれば早く返済に回してしまい、信用情報をスッキリさせた方がよいでしょう。
ただし、消費者金融の場合延滞してすぐJICCに事故として報告するとは限りません。
自分の信用情報が気になる方は、一度問い合わせて確認することをおすすめします。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧