借りる

キャッシングの返済方式で利息が全然違う

キャッシングの返済方式

お金と計算機

キャッシングには様々な返済方式があり、どの返済方式を採用するかによって借入期間が同じでも利息が全然変わってくることがあります。

キャッシングの返済方式はまず、一括払いと分割払いがあります。
利息は日割り計算で発生するので、一括払いでは「元金×実質年率×借入日数÷365日」が利息となります。

分割払いの場合、1回利用する度に支払いが分割されていくので、複数回利用すると支払いが増えて大変になりますが、返済額は一定ですので確実に元金が減少します。
分割払いには、「元利均等方式」「元金均等方式」「リボルビング方式」があります。

元利均等方式

「元利均等方式」は、元金と利息の合計から毎月の返済額が一定になるよう計算する方法であり、住宅ローンなどの高額ローンに使用されています。
月々の返済額は同じですから返済プランが立てやすい一方、元金の減りが遅いので利息が大きくなりやすいというデメリットがあります。

元金均等方式

「元金均等方式」は、元金の支払いが毎月一定になるよう計算し、その上に利息を上乗せします。
元金を均一に支払うので、元金の減りが早い分利息負担も少なくなります。
初めは返済額が大きいので大変かもしれませんが、最終的な返済総額は元利均等方式よりも少なくなるので、早く完済したい方におすすめです。

リボルビング方式

「リボルビング方式」は、1回1回の取引ではなく、キャッシング会社から借入している総額に対して月々一定額を返済する方法です。
たとえば、毎月2万円ずつ返済すると設定した場合、5万円借りても10万円借りても月々の返済額は2万円になり、追加借入しても毎月の支払額は変わりません。
そのため、月々の支払いで負担を感じにくく、利用可能額の範囲内で自由に借入できるというメリットがありますが、返済期間が長期化しやすく利息が多くなりやすいというデメリットがあります。

残高スライド元利定額リボルビング方式

カードローンの主流はリボルビング方式ですが、リボルビング方式はさらに「定率リボルビング方式」、「定額リボルビング方式」、「残高スライドリボルビング方式」に分かれており、さらに細かく分類されます。
その中でもっとも多く採用されているのが「残高スライド元利定額リボルビング方式」です。

これは、借入残高に比例して返済額が変動していくシステムです。
たとえば、借入残高が10万円以上であれば毎月1万円、10万円~5万円であれば毎月5千円、5万円以下であれば毎月3千円というようになります。
借入額に応じて無理なく返済できるというメリットがありますが、残高が少なくなると返済額も減少するため、なかなか完済しないというデメリットがあります。

リボルビング方式の場合、基本的に繰上返済可能ですので、お金に余裕がある時にまとめて返済することでデメリットを解消することができます

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧
マネポタ:カテゴリ