借りる

いくらから借入可能?千円でも借りられるの?

1万円は多すぎるという方に

口座振替であと5,000円足りない!
飲み会のお金だけキャッシングでなんとかしたい!
そんな時、1万円借りてお釣の数千円を取っておくというのもありですが、余分なお金を持っていても金利がかかるだけですので勿体ないですよね。
お金があるとついつい使ってしまうため、必要以上に借りたくないという方もいるでしょう。
そんな方におすすめなのが、1,000円から借りられるキャッシング会社です。

1,000円から借りられるキャッシング会社

1000円

1万円単位で取引することが多いキャッシングですが、1,000円単位で借入できる会社もあります。
たとえば、アコム、アイフル、モビット、ノーローン、レイク、プロミス、オリックス銀行、楽天銀行、三菱東京UFJ銀行などでは1,000円から借入できますし、セゾンカードなどクレジットカードのキャッシングでも利用できるケースがあります。
レイクなどは、基本的に1万円単位で取引しますが、提携ATMを利用することで1,000円単位の取引が可能になります

大手の場合、カードローンという形でキャッシングを行っており、専用カードを使用して提携ATMからお金を引き出します。
ATMの種類によっては1万円しか利用できないこともありますが、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、イオン銀行、ゆうちょ銀行、さらにコンビニATMのセブン銀行、ローソン、イーネットなどでは1,000円単位で利用できます。

最低申込額が1万円でも可能

「でも、キャッシングの申込みでは1万円からと書いてある」と思われるかもしれません。
確かに、キャッシングの最低申込額は1万円であることが多く、1,000円単位で利用したい方にとっては少々躊躇われてしまうかもしれません。
しかし、それはあくまで申込みの時だけなので、キャッシングカードを発行してATMを利用する場合は関係ありません。

実際、1万円で申込んでも10万円で申込んでも、利用可能額が50万円、100万円と申込金額に関係なく設定される場合も多いですよね。
50万円借りられるからといって50万円借りる必要がないように、1万円で申込んだからといって1万円を借りる必要はありません。

ATM手数料に注意

ただし、少額キャッシングを繰り返す時はATM手数料に注意する必要があります。
ATMを利用すると、手数料として1回につき100円~200円(税抜)ほどかかることがあります。
1,000円借りるために200円の手数料を払い、返済でさらに200円払うというのでは、あまりにバカバカしいですよね。
多くの場合、キャッシング会社の自社ATMは手数料無料で利用することができますが、コンビニなどの提携ATMではどこまで無料になるのか、会社によって異なります。

たとえばアコムの場合、アコムのATMに加えて「むじんくん」という無人機が全国各地に1,000台ほど設置されており、「むじんくん」での取引ならいつでも手数料0円です。
また、アコムは会員サイトから口座振込を依頼すると借入手数料が0円になりますし、返済の際は三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行から口座振替すると無料になります。
プロミスも、自社の無人機・ATMに加えて、三井住友銀行のATMを手数料無料で利用できます。
このようにキャッシング会社によって手数料の仕組みが異なりますので、事前によく確認してから申込むようにしましょう。

カードローン人気ランキング
地域密着カードローンランキング
マネポタ:カテゴリ