借りる

カードローンとキャッシングって違いがあるの?

カードローンとは?

ローン

カードローンとキャッシング、どちらも同じように使用されている言葉ですが、厳密には違いがあります。
まず、カードローンは金融機関が発行するカードを使用して資金を貸付けすることです。
消費者金融ではキャッシングという言葉がよく使用されますが、銀行ではカードローンという言葉を使うことが一般的です。
もともとカードローンを始めたのは銀行であり、その後消費者金融が銀行の後追いをして同様のサービスを始めました。
消費者金融は、銀行からお金を借りてそのお金を消費者に貸付けるため、銀行よりも当然金利が高くなります。
そのため、大口融資・長期返済になる場合は、消費者金融ではなく銀行カードローンを利用することをおすすめします。

カードローンのメリット

カードローンでは個人の返済能力を審査して、予め利用可能額を設定します。
利用可能額の範囲であれば、カードを使って自由に借入・返済することができます(窓口だけじゃなく提携先のATMやCDなどを使用できます)。
たとえば利用可能額が50万円であれば、最初に30万円借り、追加で20万円借り、10万円返済し、また10万円借りるというように、最大50万円まで自由に使用することができます(ただし、借入残高に応じた最低返済額を毎月支払う必要があります)。
借入の度に融資申込をしなくてよいので手間・時間の節約になりますし、追加返済・繰上返済も可能ですので、返済のペースやタイミングを自分で決めることができます。
ただし、手間がかからない分安易な借入を繰り返したり、返済期間が長引いて利息が増えたりする可能性があります。

キャッシングとは?

キャッシングとは、融資(ローン)のことです。
特に消費者金融で使用されることが多いですが、カードを使用するキャッシングについては、カードローンとほとんど違いがありません。
ただし、カードローンが分割払いを前提にしているのに対し、キャッシングでは翌月一括払いが基本と言われています。
そのため数万円程度の少額借入が一般的です。
一括払いですので、一度に支払う金額が大きくなりますが、短期間で返済するので利息はそれほどかかりません。
大手のキャッシングではカードを使用することが一般的ですので、カードローンと同じように毎月最低返済額を支払えば長期借入も可能ですが、消費者金融は金利が高めですので、基本的には少額借入・短期返済のために使用することをおすすめします。

ちなみに、クレジットカードでもキャッシングできる場合があります。
クレジットカードのショッピングは割賦販売法に基づいて行われますが、キャッシングを行うクレジットカード会社については消費者金融と同じ貸金業者に分類され、貸金業法・利息制限法・出資法が適用されます。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧