借りる

自動車担保ローンは悪徳業者に注意!

自動車担保ローンは一般的ではない

車センターライン

無担保ローンですとその人の信用や属性を厳しく審査されますが、有担保ローンですと、本人の信用や属性を担保で補うことができるので、比較的審査に通りやすいです。
また、総量規制の対象外になりますので、まとまった資金を借りることもできます。
自動車担保ローンも有担保ローンですので同じメリットがあります。

ただし、ほとんどの銀行では自動車担保ローンは行っていません。
自動車を担保にできる場合も、トラックやバスなど特殊な車両であり、一般の方が使用している乗用車は扱いません
消費者金融でも、高級車を担保にすることはありますが、担保が傷付いてしまっては困りますので、消費者金融が保管することが条件となっています。
「少額でもいいから普通の車を担保にしたい」という方も多いと思いますが、車を保管するためには駐車料金等の管理費がかかります。
何千万円もする高級車であれば、貸付額が多い分利息も多く取れるので、利息の中から管理費をカバーすることもできます。
しかし、普通の車ですと管理費をカバーすることができません。
手数料として要求する場合も、利息制限法の範囲内で行う必要がありますので(手数料も利息に含まれます)、数十万円という貸付額では元が取れません。
そのため、一般的な銀行、消費者金融では、自動車担保ローンはほとんど行っていないのです。

自動車担保ローンは債務者に不利

マイナーな消費者金融ですと、高級車以外でも車を担保にできる場合がありますが、上記の通り普通に貸付しているとほとんど儲かりませんから、担保の価値を過剰に低くし、担保を半ば強引に奪うという手法によって利益を出している業者もあります
たとえば、中古市場では100万円の価値のある車に50万円の担保を設定し、債務者が返済できなかった時に車を押収してオークションにかければ、差額の50万円を得ることができます。
貸付による利息ではなく、転売による差額で利益を得ようとするのです。
もちろん、車の市場価値は常に変化しますから、数ヶ月という貸付期間に車の価値が下がることもあります。
その点も含めて担保の価値を低く設定しますので、債務者はあまり多くの金額を借りることができませんし、完済期限は1年以内であることが多く、すぐにお金が入ってくる方じゃないと、ほぼ確実に担保として持って行かれてしまいます。

「乗ったままOK」という業者は?

不当に低い価格で車を持っていかれてしまうのであれば、初めから車を売却してしまった方がお得です。
しかし、車がなくては困るという方は、なかなか車を売却できません。
車を担保にして保管されてしまっても同じことが言えますが、「車に乗ったままでも融資可能」という業者もあり、お金に困っているけど車を売りたくないという方は、そのような業者を利用してしまいます。
しかし、車を保管しないで融資することは、貸金業者にとってリスクがあります。
乗車している間に車が傷付いてしまい、最初に査定した時よりも担保としての価値が低くなる可能性があるからです。
ですので、乗車OKですと貸付額はさらに低くなりますし、利息で儲からないということは、ほぼ確実に車を差し押さえにくるということです。
自動車担保ローンを行っている消費者金融の中には悪徳業者も多いです。
車がなくては困るという方は利用しない方がいいですし、車がなくても平気という方は売却してしまうことをおすすめします。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧