借りる

マイカーローンの審査に通らない理由とは?

信用情報は非常に重要

自動車札束

ディーラーローンの場合、年率5~8%の金利がかかってしまいますが、銀行のマイカーローンは金利が1~2%程度であり、中古車でも新車と同じ金利が適用される場合もあります。
自動車ローンは何年も払い続けるローンですから、なるべく金利の低いローンを利用したいものですよね。
JAの自動車ローンは低金利でも保証料がかかりますが、銀行のマイカーローンはほとんどの場合保証料がかかりませんので、非常に人気があります。

しかし、マイカーローンは審査基準が高く、正社員で収入の安定している方でも審査に通らない場合があります。
その原因としてもっとも多いのはローンの遅延です。
クレジットカードや携帯電話の分割払いなどで遅延した場合、完済しても一定期間は信用情報に記録が残ります。

実績があると信用される

反対に信用取引を一切行っておらず、信用情報にローンの利用履歴がまったくない方も、信用の面で判断しにくく、審査落ちの原因となります。
担当者が信用情報を確認した時、一番信用されやすい状態というのは、ローンの利用実績があり、延滞せずに支払っていることが分かる状態です

かといって、消費者金融からの借入が多いなど、借入金額や借入件数が多い場合は返済能力という点で問題になってしまいますので、他社借入がある場合は先に完済してしまうことをおすすめします。

信用情報以外では、離職率の高い職業であったり、勤続年数が短くて転職の可能性を疑われたりすると、将来の収入に不安があるとして審査に落ちる可能性があります。
本人に問題がなくても、一緒に住んでいる家族の信用情報が悪く、とばっちりを受けることもあります。
地方銀行の場合は、居住地や勤務地などに一定の条件を設けている場合もありますので、申込前に確認しましょう。
ローンの金額や頭金なども審査に影響を与えます。

マイカーローンの注意点とは?

低金利のマイカーローンですが、変動金利と固定金利のどちらを選ぶかによって金利に差が出ることがあります。
将来の金利を予測することは難しいので、ローンの返済期間が長期に及びそうな場合は固定金利を選ぶことをおすすめしますが、短期間で返済できる場合など、金利変動のリスクが低い場合には変動金利を選択するのもありでしょう。

また、マイカーローンの返済では、利用する銀行以外の口座を引き落とし先として設定できない場合があります。
もしも給与振込口座とローンの返済口座が異なる場合は、口座のお金を移動させる必要が生じますので、少々面倒になります。
口座振込や銀行振込を利用することもできますが、手数料がかかる場合がありますので注意が必要です。

さらに銀行は審査に時間がかかるというデメリットもあります。
早い場合は即日融資もありますが、2週間以上時間がかかることもあります。
審査に時間がかかってしまうと、すぐに車が必要な時に困る可能性がありますので、マイカーローンの審査は早めに申込むことをおすすめします。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧