借りる

お金がピンチ!絶対借りれるキャッシングってある?

審査基準が低いキャッシングはある

お金の危機

お金に困っていると、精神的にも余裕がなくなり、「どんな金融会社でもいいから借りたい!」という気持ちになります。
「絶対借りれるキャッシング」と聞いてサイトを開いた方も、そのような焦りがあるのではないでしょうか。
しかし、基本的に「絶対借りれるキャッシング」などはありません。
「絶対借りれる」などと言われてアクセスしたら、クレジットカード現金化だった、ヤミ金の紹介屋だった、というケースも多いです。
都合の良い言葉に惑わされないように、まずは深呼吸して落ち着きましょう。

絶対借りれるキャッシングはありませんが、審査基準がそこまで厳しくないキャッシングはあります。
たとえば、アコムSMBCモビットアイフルなどの消費者金融や、消費者金融に近い銀行カードローンのレイク、ネット銀行のオリックス銀行カードローン楽天銀行スーパーローンなどがおすすめです。
「安定した収入」があって「信用情報」にも問題がなければ、スムーズに契約できる可能性が高いです。

中小業者ではブラックOKの場合も

勤務先はあるけど、信用情報に問題があって大手では契約できないという場合は、中小規模の消費者金融を利用するという方法があります。
中小業者は、大手のように画一的な審査をするのではなく、個々の状況に合わせた柔軟な審査を行いますので、信用情報がブラックの方も審査に通る可能性はあります。
ただし、中小業者は大手ほど資本力がありませんし、「問題ありの債務者」を相手にすることが多いですから、初めて利用する方に対してそれほど大きな金額を貸付することはありません。

多重債務者は迷わず債務整理

もしも多重債務で、借金の返済のために中小業者から借入しようと考えている方は、今すぐ債務整理をすることをおすすめします。
返済できない借金を抱えてしまうと、借金の総額や利息を考えることも止めてしまい、ただ目の前の返済だけをなんとかしようと考えるようになりますが、その場しのぎの返済だけを繰り返しても借金は全然減りませんし、むしろ増えます。
むやみに借金を増やしていると、いざ債務整理をする時に裁判で不利になる可能性がありますので(免責不許可事由に該当するなど)、なるべく早い段階で弁護士に相談することをおすすめします。

生活福祉資金制度とは?

もしも失業中で「安定した収入」がなく、仕事を見つける前に生活が困窮しそうという場合は、国の低金利貸付サービス「生活福祉資金制度」に申込むことをおすすめします。
生活福祉資金制度は、低所得者、高齢者、障害者などへのセーフティネットとして用意されている貸付制度です。
連帯保証人ありで無利子、保証人なしで年1.5~3.0%の低金利でローンを組むことができます。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧
マネポタ:カテゴリ