借りる

転職前にカードローンを契約してもいい?

無職になると審査に通らない

転職

会社を辞めて無職の状態になってしまうと、カードローンに申込んでも審査に通りません。
そのため、会社を辞める予定のある方は、辞める前にカードローンの審査を受けた方がよいでしょう。
転職活動中は収入がなくなりますが、カードローンを利用できれば、一定期間収入の代わりになります。

もちろん利息はかかりますが、転職が成功した後に一括返済すれば、それほど収入を圧迫することはありません。
一括返済・追加返済できない間は、月に1回約定返済額を支払えばOKです。
借入額10万円未満であれば、約定返済額は大体5,000円前後、10万円以上20万円未満であれば1万円前後に設定されています。派遣会社に登録して1~2日働けば用意できる金額ですよね。

転職直後は契約しにくい

ある程度貯金がある方は、新しい勤務先を見つけてから、必要に応じてカードローンを契約するのもありでしょう。
ただし、転職したばかりですと収入が不安定であると見なされて、審査に通りにくくなります。
審査項目の1つに「勤続年数」がありますが、勤続年数が1年未満ですと職場に合わない等の理由で、また転職する可能性があるからです。
転職前であれば、「勤続年数」が1年以上の方も多いと思いますので、転職前に申込んでしまった方が審査に有利になる可能性があります。
転職前にカードローンに申込んではいけないという決まりはありません。

原則的に報告する

カードローンの利用規約では、転職後は新しい勤務先について、カードローン会社に報告することとなっています。
報告しなくても、他のローンやクレジットカード等に申込んだ場合に、新しい勤務先の情報が個人信用情報機関に登録されます。
その情報を見た既存のカードローン会社が、「この人はいつの間にか転職している」と知り、限度額を引き下げるケースもあります。

そのため、基本的に報告はしておいた方がよいですが、報告したからといって必ずしも契約内容に変更がないとは限りません。
報告により正直者という印象を与えたとしても、勤務先が変わったことで収入が悪化し、限度額の引き下げが止むを得ない場合もあります。

報告しなくてもいい?

原則的に報告することとなっていますが、報告しなくてもそのまま利用できるケースは多いです。
他のローンに申込んだりクレジットカードを発行したりしなければ、信用情報が更新される可能性は低く、カードローン会社が転職について気付かない場合もあります。
とはいえ、まったく新規ローンを組まない、新規クレジットカードを発行しないという方も少ないでしょう。
今のカードローンと長く付き合っていきたいと思う方は、報告しておいた方が無難です。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧