借りる

利用可能枠はどうやって決まるの?

利用可能枠とは?

100万円

キャッシングやカードローンにはそれぞれ利用可能枠が決められます。
利用可能枠とは、利用者に対して貸付できる金額であり、利用可能枠が100万円なら100万円まで借入できるということです。
利用可能枠が増えるほど、返済能力が高く信用されているということですから、利用可能枠に比例して金利も低くなります。
そのため、実際には数万円程度しか借りる予定がなくても、利用可能枠は多いに越したことはありません。

利用可能枠の算出方法

利用可能枠の算出方法は簡単です。
年収-生活維持費-他社借入金額=利用可能枠となります。
年収については基本的に自己申告となりますが、融資希望額が大きい場合、返済能力に疑問を持たれた場合は、源泉徴収票などの客観的なデータ(収入証明書)の提出を求められます。

生活維持費というのは、1年間の生活を維持するために必要な費用のことです。
申込用紙には「生活維持費」という項目はありませんが、「住所」「世帯人数」「住宅所有」「住宅ローン」などの答えから生活維持費が算出されるようになっています。
たとえば「東京23区」「持ち家」「住宅ローン有」「2世帯」という情報であれば、1年間の生活維持費は177万円として算出されます。

他社借入については申込項目に記入しますが、本人が正確に把握しているとは限らないので、キャッシング会社の方でも信用情報を確認します。
もしも記入した内容と信用情報に著しい不一致が見られる場合、虚偽記載と判断され、この時点で審査に落ちる可能性もあります。

貸金業者は総量規制の対象

上記のことを踏まえた上で例を挙げると、年収400万円で上記の生活維持費に該当する方で、他社借入が50万円ある場合、400万円-177万円-50万円=173万円が利用可能枠となります。
ただし、消費者金融やクレジット会社などの貸金業者を利用する場合、他社借入を合わせて年収の3分の1以上貸付けしてはならないという決まりがあるため、利用可能枠はさらに少なくなります(総量規制)。
400万円の3分の1は133万円であり、さらに他社借入が50万円ありますから、133万円-50万円=83万円となります。
貸金業者を利用する場合、ほとんどの方が生活維持費を計算するまでもなく、総量規制によって利用可能額が決定します

低く設定することも可能

とはいえ、必ずしも年収の3分の1まで利用可能枠を設定しなくてはいけないわけではありません。
利用可能枠が多いと使い過ぎてしまうという心配がありますから、10万円、20万円など必要最低額で設定することも可能です。
申請額が少ないと審査に通る可能性も高くなりますし、短期返済するのであれば利息もあまり変わりません。
ただし、後で利用可能枠を高くしたいと思った時は、改めて増枠申請を行い審査を受けるしかありません。
使い過ぎなどの心配がなければ、いざという時に備えて利用可能枠を高めに設定しておくこともありでしょう。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧