借りる

車検が切れるとどうなるの?車検ローンを勧める理由

もしも車検が切れてしまったら?

車検

車検の期限が迫っているのにお金が足りないという時は、2つの方法しかありません。1つはお金が用意できるまで車に乗ることを諦めること、もう1つはローンを組んで車検を行うことです。
車検切れになっただけでは罪に問われませんが、車検切れの車に乗って公道(一般道)を走ると、道路運送車両法の無車検車運行に違反することとなり、違反点数6点、30日間の免許停止、6ヶ月以下の懲役又は30万円以下の罰金が生じることとなります。

ですので、車検が切れた後に車検を受けようと思ったら、自分で運転することはできず、業者に頼んでレッカー車やトラックなどで運んでもらう必要があります。
もちろん車検とは別に運送費用が発生します。

「車を売るから車検に出さなくていいや」と思っている方も、車の移動ができないという点には注意が必要です。
車を売るなら、車検切れになる前に名義変更などの手続きも済ませておく必要があります。

自賠責保険は大丈夫?

車検だけじゃなく自賠責保険も切れている場合は、自動車損害賠償保障法違反となり、さらに違反点数6点、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金となります。

車検切れ+自賠責保険切れの状態で警察に捕まってしまえば、違反点数12点ですので、それぞれの罰則に加えて90日間の免許停止処分となります。
3ヶ月間車に乗れない上、最高80万円の罰金を支払うか、最長1年6ヶ月服役することとなります。

しかも、車検切れの車は自動車保険が適用されませんので、車検切れの状態で事故を起こしてしまった場合は大変です。万が一人身事故などを起こしてしまい、多額の損害賠償が発生したら、一生かけて返済しなくてはならないかもしれません。

車検ローンとは?

このように車検切れにはまったく良いことがありません。
しかし、車検の費用は10万円程度、自賠責保険の費用も自家用乗用車であれば約25,000円(24ヶ月)ですので、10~20万円の費用が必要になります。
車検切れは避けたいけれど、お金に余裕がなくて一括払いできない方もいるでしょう。
そんな時は、車検ローンを利用することをおすすめします。

車検ローンとは、車検費用を分割払いで支払えるローンです。
車検に限らず車関係全般に利用できるローンも多く、マイカーローン、オートローン、カーローン、目的ローンなども車検ローンとして利用できます。
自賠責保険も、それ自体を分割払いすることはできませんが、ローンに組み込むことは可能です。
ローンは、ローン会社が消費者の代わりに車検費用や自賠責保険などを一括払いし、消費者はローン会社に対して返済していくこととなります。
ローン会社がOKすれば車検以外の費用もローン払いできます。

車検ローンは、車検を依頼する業者で組むことができますし(業者は信販会社と提携してローン販売を行っています)、自分で直接ローン会社を選んで申込むことも可能です。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧