借りる

カードローンのオプション「自動融資」とは?

自動融資なら引き落としに失敗しない

ATM

カードローン会社の中には、無料オプションとして「自動融資」を追加できる場合があります。
自動融資とは、普通預金口座の残高が不足している場合、自動的にカードローンから入金できるサービスです。

たとえば、クレジットカードの支払いでは銀行の普通預金口座を利用しますが、先月ショッピングしすぎてしまい口座残高だけでは足りない場合、通常では引き落としに失敗して遅延損害金が発生します。
また、1日でも延滞すると信用情報に傷が付きますし、クレジットカードの利用を停止される場合もあります。
延滞を繰り返すとクレジットカードの更新審査に通りにくくなり、長年使用してきたカードが使えなくなることもあります。
しかし、カードローンの自動融資を利用していれば、口座引き落としで残高不足となった場合、カードローンから預金口座に不足分が入金され、残高不足を解消することができます

自動融資は利息がかかる

残高不足を回避するためには、預金口座をきちんと管理する必要がありますが、クレジットカードを複数持っていたり、公共料金の支払いなども口座引き落としにしていたりすると、返済日が多くて管理が行き届かない場合もあります。
そのような方にとって、カードローンの自動融資は大変便利な機能です。
ただし、自動融資にはいくつか注意点があります。

まず、自動融資はカードローンですので、利用する度に利息が発生することです。。
自動融資の利息は、クレジットカードの遅延損害金よりも低い利率であることがほとんどですが、だからといって必要以上に自動融資を繰り返すと余計な利息がかかってしまいます。

自動融資が失敗するケース

また、自動融資で入金された金額は、カードローンの返済として翌月以降に口座振替で引き落とされます。
カードローンの返済で残高が不足した場合、自動融資は行われませんので、口座を放置しておくことはできません。
もしもカードローンの返済が滞った場合は、信用情報に記載されるのはもちろん、新たな自動融資は行われなくなります。
また、自動融資は無限にできるのではなく、あくまで利用可能枠の範囲で行われます。
そのため、カードローンの利用可能枠に達してしまった場合も、新たな自動融資を行うことはできません。

自動融資に頼らない

自動融資を当てにして、たくさんクレジットカードを使ってしまったり、限度額に達していることに気付かず預金口座を放置してしまったりすると、自動融資に失敗してしまい、信用情報に傷がつきます。
信用情報の傷が増えると、カードローンが更新されず解約されることもあります。
自動融資はあくまで「もしもの時のためのサービス」ですので、自動融資があるからといってお金の管理を怠ってよいというわけではありません。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧