借りる

キャッシングの審査に続けて落ちたら?

キャッシング会社の選択は適切?

お金とスマホ

キャッシングの審査に2回続けて落ちた場合は、審査に落ちた理由について考えてみましょう。
キャッシングの審査に落ちる理由は主に2つあります。

1つは、自分の属性に合わないキャッシング会社に申込んでしまった場合です。
キャッシングの審査基準は、銀行が一番厳しく、次に信販会社やクレジットカード会社、最後に消費者金融という順になります。
「正社員だけど年収が低くて銀行の審査に通らなかった」「アルバイトで勤務先を転々としているのにクレジットカードのキャッシングしか申込まなかった」という方は、より審査基準の低いキャッシング会社を選びましょう。
すでに2回融資見送りとなっているので、次に申込むキャッシング会社は厳選します。
少額借入であれば、消費者金融を選ぶことが一番手堅い選択です

3回目の審査に落ちた場合は、消費者金融でも審査に通ることが難しくなります。
というのも、キャッシングでは「申込ブラック」があるからです。

申込ブラックとは?

申込ブラックとは、短期間に複数のキャッシング会社に続けて申込んだ場合、回収リスクの高い消費者と見なされて審査に落ちてしまう状態を言います。
キャッシングに申込むと、審査に通過しなくても信用情報に申込履歴が残ります
いつ、どのキャッシング会社に申込んだのか、審査結果はどうだったのか、様々な情報が分かります。
立て続けに申込むと、「お金に困って焦っている」という印象を与えてしまいますし、「一社からまとめて借りられないので複数社に申込んでいる」「一度にお金を借りて自己破産という可能性がある」というように、信用性に問題があると考えられてしまいます。

キャッシング会社によっては「1ヶ月に〇社以上申込んだ消費者は申込ブラックにする」と決められており、申込ブラックに該当する方は自動的に審査に落ちるようになっています。
ただし、消費者金融の場合は銀行や信販会社への申込履歴を、申込件数としてカウントしない場合もあります。
銀行や信販会社で申込ブラックになった場合も、消費者金融なら審査に通る可能性はあります。

信用情報の開示請求を行う

審査に落ちてしまうもう1つは、自分の属性に問題がある場合です。
「正社員で年収も十分あるのに銀行の審査に通らなかった」「アルバイトだから消費者金融に申込んだのに融資見送りとなってしまった」というような場合には、信用情報にネガティブな情報が記載されている可能性があります。
たとえば、最近他社のローンで延滞した、他社借入が多くて返済しきれていない、他人の連帯保証人になっているなどの情報が書かれていると、どのキャッシング会社でも審査に通りにくくなります。
審査落ちの原因を調べるためには、信用情報センターに信用情報の開示請求を行い、中身を確認することが一番早いです。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧