借りる

キャッシングの年率18%って高い?

利用者の多くは年率18%で契約している

利息

利息制限法では、キャッシングの上限金利を定めています。
10万円未満の貸付については年率20%、10万円以上100万円未満の貸付については年率18%、100万円以上の貸付については年率15%とされており、貸金業を営むすべての金融機関は利息制限法の上限金利を守る必要があります。

年率は、実際に借入する金額ではなく利用可能枠によって決定しますが、貸金業者の場合、50万円以上借入しようとすると収入証明書の提出を求められるので、50万円以下で契約する方が多いです。

実際に借入する金額でもっとも多いのは10~20万円、次いで10万円以下の契約が多いため、利用可能額を増やしたいと思う方も少ないようです。
ということは、消費者金融を利用している方のほとんどが、年率18%近くで契約していることになります。

年率18%は負担になる?

消費者金融の金利は、利息制限法の上限金利に近い値を設定しています。
そのため、「消費者金融を利用するならどこと契約しても同じ」というように言われることもあります。
しかし、「消費者金融の金利はどこでも一緒」だからといって「年率18%で契約することが自分にとって負担とならない」わけではありません
キャッシングというのは、返済することを前提に契約するのですから、年率18%の消費者金融が多いから年率18%で契約するのではなく、年率18%でお金を借りても生活を圧迫せずに返済できるかどうか、ということを考えなくてはなりません。

10万円を借りた場合

では、年率18%というのは、実際にどのくらいの負担があるのでしょうか。
キャッシングの返済方法にはいくつか種類がありますが、キャッシングの返済方法でもっとも多い元利均等方式(元金と利息を含めた金額を毎月一定額ずつ返済する方法)で計算すると、10万円を借りて毎月2万円ずつ返済する場合、返済期間は6ヶ月、利息は4,750円になります。
10万円借りて約5千円の利息が発生するというのは、少々高いと思われるかもしれません。
しかし、どうしても10万円必要な方にとっては許容範囲かもしれませんし、より短期間で返済できる場合は、利息も少なくなるのであまり気にならないかもしれません。
たとえば、同じ条件で毎月5万円ずつ返済する場合、返済期間は3ヶ月、利息は2,306円になりますし、翌月に一括返済する場合、利息は1,500円になります。

返済期間が重要

短期間で返済できれば、利息は少なくて済みます。
たとえ金利が高くても、毎月一定の収入があってすぐに返済できる場合は、あまり金利の負担を感じないかもしれません。

しかし、短期間で返済できると思っていても、急な出費でお金がなくなってしまい、返済期間が伸びてしまうこともあります。
あるいは、返済中にも関わらず新たな借入が必要になることもあるでしょう。
毎月一定額を支払えばよいので最初は気にならないかもしれませんが、なかなか返済が終わらず、ふと借入状況を確認してみると「利息が大変なことになっていた!」というケースも多いです。

返済期間が長期に及んでしまった時に、年率18%のダメージは大きくなります
その時は、より金利の低い金融商品に借り換えることをおすすめしますが、経済的に余裕がなく、返済期間が長引く可能性がある方は、初めから低金利の金融商品(銀行カードローンなど)を選んだ方がよいでしょう。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧