借りる

おまとめローン後の追加借入はできる?

余分なお金は借りられない

追加

おまとめローンは、複数の借金を一本化するためのローンです。
ですので、基本的に借入総額以上のお金を借りることはできません。
たとえば、貸金業者3社から300万円借りていて、その時点での利息合計が30万円という場合、おまとめローンで一本化すると融資額は330万円となります。
貸金業者で一本かする場合、借入合計よりもやや多めの資金を借入できる可能性もありますが、銀行の場合は厳密で、余分なお金は借入できません。
おまとめローンはあくまで返済のための借金であり、追加の借金になるわけではありません(元々利用していたローンは、基本的に解約にされます)。

では、おまとめローンを組んだ後で「生活費が足りない!」という状態になった場合、追加借入することは可能でしょうか?
結論から言うと、借入できる可能性は低いです。

利用限度額が総量規制を超える場合は難しい

あくまで融資を行う側の判断となりますが、貸金業者の場合は総量規制の問題もあります。
総量規制とは、貸金業者の過剰貸付を抑制するための法律であり、貸金業者は個人に対して年収の3分の1以上貸付できないことになっていますが、「段階的に債務を減らす借り換え」(おまとめローン)等については例外的に総量規制の対象外となります。
しかし、追加借入については例外とは言えません

生活費不足の借金については普通の借金と変わりませんので、総量規制の対象となります。
また、追加借入を行えば借金が増えるわけですから「段階的に債務を減らす借り換え」に該当しないことになります。
貸金業者の方は「お金を貸したい」と思っているかもしれませんが、追加融資することで法律違反となり、行政指導を受ける可能性もありますの。
追加借入については、あまり期待しない方がよいでしょう。

総量規制の範囲内なら?

貸金業者のおまとめローンは、一般のカードローンと同じように利用可能枠の範囲内で借入・返済することができます。
そのため、一定額を返済した後で借入することも可能です。
たとえば、300万円のローンを組んで50万円返済し、生活費が不足して10万円借りるということも可能です。
ただし、前述したように総量規制を超える借入については追加借入は原則的にできませんので、借入額が年収の3分の1以上を超える場合、追加借入をストップされてしまうことがあります。
年収300万円の場合、総量規制の範囲(年収の3分の1)は100万円ですから、100万円以上借入している段階で何度も追加借入すれば、追加借入を停止されてしまう可能性もあるということです。

総量規制の範囲内でしたら、普通のローンと同じように追加借入できますが、貸金業者は完済実績を重視するので、まずは完済してしまうことをおすすめします。
いつまで経っても完済できない場合、更新審査に通らず解約されてしまうこともあります。
その場合は返済以外にカードを使えなくなり、返済後に解約という形になります。

銀行は返済だけ

銀行のおまとめローンの場合、貸金業者のように利用可能枠の範囲内で借入・返済するという形ではなく、銀行に対して返済だけするという形になります。
銀行の場合、銀行から元の借入先に直接返済しますので、立て替えた分を銀行に支払うよう求められます。
ですので、追加借入はできません。

他の金融機関から借入するという方法もありますが、銀行でおまとめローンをする時は、元の借入先との契約を解約するよう求められることもあります。
キャッシングやカードローンを解約すると、解約時の情報が信用情報に5年間残りますので、解約時に延滞などを起こしていれば、他の金融機関に申込んでも審査に落とされる可能性が高いです。
どうしてもお金が必要な場合は、おまとめローンをした銀行に相談してみましょう。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧
マネポタ:カテゴリ