借りる

500万円を借りるには?総量規制の対象外になる場合も

無担保・個人向け融資の場合

500万円

キャッシングで500万円借りるには、基本的に年収が1,500万円以上あることが条件になります。
貸金業者の場合、総量規制がありますので年収の3分の1以上借入することができません。
年収の3分の1とは他社借入を含むので(住宅ローンや自動車ローン等の担保付ローンは含まれません)、年収1,500万円で他社借入がない状態であれば、500万円借りられる可能性があります。
連帯保証人がいても、総量規制はあくまで本人の年収に対してかかるものです。

ただし、銀行や信用金庫など、貸金業者以外の金融機関であれば総量規制の対象外ですので、収入が1,500万円に届かなくても借入できる可能性があります。
銀行の場合、申込人に一定の信用があれば、年収の半分程度借入できる可能性があります。

審査では、年収だけじゃなく勤務先や利用目的等も重要になります。
公務員や大手企業であれば、多少年収が低くても返済能力が高いと見なされます。
総量規制に引っかかってしまうけど勤務先の属性が高いという方は、銀行に申込むことをおすすめします。

総量規制の対象外になるケース

総量規制は、無担保の個人向け融資が対象ですので、有価証券や不動産等を担保に付ける場合は、年収1,500万円以下でも借入できる可能性があります。
また、配偶者の年収と合算して1,500万円以上になる場合は、家計収入として申込むことで審査に通る可能性があります。

また、個人事業主も総量規制の対象外です。
金融機関の多くは個人事業主向けの無担保ローンを扱っています(事業資金に使用可能)。
個人で年収の3分の1まで借金をしていても、事業主ローンに申込めば新規借入できる可能性があります。
ただし、500万円借入するためには、ある程度信用が必要になりますので、黒字経営であることや、将来的にも利益の見込める事業かどうか、という点が審査されます。

借金の借り換えや一本化をする場合、その契約によって利息が減る場合や、毎月の返済額が減る場合には、総量規制の対象外となります。

医療費で借りる場合

高額な医療費(自己負担限度額を超えた医療費)が発生した場合は、「高額療養費」で払い戻しが可能です。
しかし、払い戻しには3~4ヵ月ほど期間がかかりますので、その期間にお金が不足する可能性もあります。

その場合、「高額療養費貸付制度」で高額療養費見込み額の8~9割程度を無利子で借りることができます。
この高額療養費貸付制度も総量規制の対象外になります。

ただし、国民健康保険等、各保険に加入していることが条件となります(保険料の滞納をしている場合は利用できないケースもあります)。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧