借りる

50万円借りるには年収はいくらあればいい?

貸金業者なら年収150万円

一万円札

消費者金融や信販会社からお金を借りる場合、貸金業法の総量規制が適用されますので、借入できる金額は年収の3分の1までとなります。
ですので、50万円借りるためには、150万円以上の年収があることが条件となります。

年収150万円未満だけど50万円借りたいという場合は、総量規制の適用されない銀行や信用金庫、信用組合、労働金庫などを利用するという方法もあります。
ただし、信用金庫が提携している「しんきんカード」は、株式会社しんきんカードが運営しているクレジットカードですので、キャッシングについては総量規制の対象となります。

また、総量規制対象外だからといって、必ずしも年収の3分の1以上借りられるとは限りません。
毎月いくら返済できるか、返済能力について必ず確認されるので、あまり本人に負担のかかる借金については融資見送りとなります。

なるべく多く借りたい

銀行は総量規制対象外ですから、年収150万円の方が、銀行で50万円借りて、その後消費者金融で50万円借りる(トータル100万円)ということも不可能ではありません。
消費者金融は顧客の奪い合いとなっている状態ですので、信用情報などに問題がなければ、銀行に借金があっても総量規制の上限まで貸付してくれる可能性はあります。
ただし、借りる順番は、銀行、消費者金融という順でなければなりません。

なぜなら、消費者金融では銀行の借入については除外して考えますが、銀行では消費者金融の借入を考慮するからです。
銀行と消費者金融は(事故情報など一部例外を除いて)信用情報を共有していませんが、銀行の保証会社を消費者金融や信販会社が行っている場合もあり、そのような時は消費者金融の借入情報も分かってしまいます。
ですので、先に審査の厳しい銀行に申込み、その後審査の甘い消費者金融に申込む方がよいでしょう。

返済能力に見合った金額を借りる

ただし、銀行と消費者金融から50万円ずつの融資を引き出したとして、年収150万円の方が100万円を無事返済することができるのかは、よく考えなくてはなりません。
家族と同居していて、生活費などは家族が拠出しているという場合であれば、収入を丸ごと返済に充てることができるので、短期返済も可能かもしれません。
しかし、100万円も借金があると、短期返済でもそれなりに利息がかかります。

たとえば、100万円を年率15%で借りて1年間で返済する場合、毎月約92,000円の返済が必要になります。
返済総額は約110万円、利息は約10万円です。
年収150万円ということは、月収125,000円ですので、毎月92,000円を返済に回したら33,000円しか余りません。
もしもアパートなどで一人暮らししている場合は、アパート代にもなりませんよね。

では、返済期間を2年間に延ばした場合、どうなるのでしょうか。
毎月の返済額は約5万円で済みますが、利息が約20万円かかります。
3年間に延ばしたら、毎月の返済額は約36,000円、利息は約30万円です。

年収300万円や500万円という方であれば、50万円や100万円という金額も短期間に返済できると思いますが、年収に対して大きすぎる金額を借りてしまうと、返済期間が長引いてしまい、非常に多くの利息を払うこととなります。
どうしても今お金を借りる必要があるのか、借りる金額は適切か、よく考えてから申し込んだ方がよいでしょう。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧