来店・口座開設不要で審査OK!即日融資と専業主婦はNG!

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン
診断時間
審査時間
融資時間
電話確認 あり
専業主婦 専業主婦NG。
土日振込 ジャパンネット銀行に口座があればOK
難易度 難しめ。安定した収入があれば200万以下でも可能

オリックス銀行カードローンが選ばれる「3つの理由」を徹底調査!

  • 最大融資額最高800万円!低金利なので長期スパンでの利用がおすすめ!
  • 借り入れも返済も提携ATM手数料は無料!振込キャッシングもOK!
  • アルバイト・パートも申込可能な銀行カードローン!

低金利で高い限度額の銀行カードローン

オリックス銀行は、オリックスグループのネットバンクです。ネット上の銀行ですので、店舗や独自のATMはなく、借入・返済は、銀行振込と提携ATMによって行われます。

ネット銀行ですが金利や融資条件、審査基準などは非常に厳しいです。メガバンクや地方銀行の審査に通りにくいという方は、そもそも対象外と考えてください。

ただし満20歳以上69歳未満で安定した年収があれば、アルバイト・パートでも申込可能です。低金利が魅力なので、長期スパンで申し込んでおくのもありです。

最大の融資可能額は最高800万円!銀行カードローンでも高水準

利用限度額最高800万円は多くの銀行カードローンの中でもトップクラスです。金利は年率1.7%~17.8%です。しかし100万円未満の借入ですと金利が17.8%かかってしまい、消費者金融とほとんど変わりません。そのため高額の借り入れで真価を発揮するカードローンと言えます。

100万円以上の借入ですと金利もどんどん下がりますので、ある程度大きな金額を借りたい方には、オリックス銀行カードローンはおすすめです。

振込先と引き落とし先をべつにして2つの口座を指定できる

オリックス銀行カードローンには、指定口座への振込融資サービスがあります。事前に「登録口座」または「振込専用口座」を設定しますが、両方に違う口座を登録すると、振込先を毎回2つの口座から選択できます(オリックス銀行以外の口座でOKです)。

「登録口座」は必ず登録する口座であり、口座引き落としを利用する場合もこちらの口座が使用されます。口座が2つあるため、利用目的に合わせて使い分けることができます。

たとえば、教育資金など必要不可欠の資金については「登録口座」に入金してもらい、趣味や遊びのために借りるお金は「振込専用口座」に入金してもらうとよいでしょう。そうすれば、遊びのために「登録口座」のお金まで手を付けることはありません。

引き落としは「登録口座」からですので、給与の受け取りを「登録口座」にしておけば、口座間のお金をわざわざ移動する必要もありません。

ジャパンネット銀行口座への即時振込サービス

オリックス銀行カードローンの振込融資サービスは、ネット(パソコン、携帯電話)の会員サイトか、電話で依頼することができます。

平日0時10分~8時40分までに依頼すると9時~10時、平日8時40分~15時の間に振込依頼すると、当日中に振込が行われます。平日15時以降と土日祝日に依頼した場合は翌営業日に振込が反映されます。

ただし、ジャパンネット銀行を指定した場合、土日祝日に関わらず24時間「即時振込」となります(一部メンテナンスの時間があります)。ジャパンネット銀行に口座がある方には、大変便利です。契約してローンカード発行後に登録口座、または振込専用口座にジャパンネット銀行を登録すれば利用可能となります。

毎月の返済金額は数千円から!増額返済も可能

オリックス銀行カードローンの返済方法は、口座振替、振込返済、提携ATMを利用した方法があり、毎月10日または月末日が約定日になります。

口座振替については、ネット銀行やゆうちょ銀行、外資系銀行など、口座振替できない金融機関もありますが、ほとんどの銀行では口座振替可能です。振込返済では、入会と同時に返済専用口座を作りますので、そちらに返済します。

毎月の返済金額は、借入残高によって決まります。具体的な金額が決定するのは、返済日の14日前の午前3時であり、会員サイトで確認できます。

例として残高30万円以下の場合、最低返済額は7,000円となり、それとは別に随時返済することも可能です。随時返済のために連絡を取る必要はありません。口座引き落としでも一括返済、増額返済(約定返済額よりも多く返済すること)が可能です。

オリックス銀行カードローンは提携ATMの手数料無料!

オリックス銀行の提携ATMは、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、西日本シティ銀行、ゆうちょ銀行、セブン銀行、イーネット、ローソンATM、イオン銀行です。全国に97,000台以上存在しており、コンビニ提携ATMの大半が使用できます。

消費者金融の場合、提携ATM手数料がかかることが多いですが、オリックス銀行ではすべての提携ATMが手数料無料で利用できます。
どの提携ATMでも1000円単位で借入できますので、少額利用にも最適です。

オリックス銀行カードローンも収入証明書が求められます

消費者金融の場合50万円以上の借入では収入証明書を用意しなくてはならず、銀行でも100万円以上で用意するケースが多いです。銀行カードローンでは一定金額までは収入証明書を求められないことが多かったのですが、2017年春からは審査がより厳しくなりました。

オリックス銀行の場合でも現場レベルでは収入証明書を求められるケースが増えてきています。ご注意下さい。

お申込前に運転免許証と収入証明書を準備しておきましょう

運転免許証と収入証明書の両方を用意しておけば、提出を求められたときも安心して対応ができます。審査が滞ることもないので事前の準備をお勧めします。

初回から300万円まで借入できるケースは少ないですし、希望額が大きくなればそれだけ審査も慎重に行われます。なので、申込みの段階であれば必要以上の与信枠を付けない方がよいでしょう。後で理由を話すことで増枠申請も可能だからです。

オリックス銀行カードローンは審査に数日かかる場合もあります

審査にかかる時間は長く見て下さい。早ければ申込当日から審査が始まりますが、2~3日かかるのが一般的です。またキャッシングの利用には郵送で送られてくるローンカードが必要となるため、即日融資は絶対にできません。

オリックス銀行はネット銀行ですので、店舗も自動契約機もありませんから、その場でカードを発行してすぐにキャッシング、というわけにもいきません。

さらに土日祝日・年末年始はお休みとなります。申し込みのタイミングによっては3日以上時間がかかってしまうこともあります。1週間以上の余裕をもって申込むことをおすすめします。

オリックス銀行カードローンのスペック・基本情報

融資金額 最高800万円
貸付利率(実質年率) 1.7%~17.8%
遅延損害金(年率) お借入残高に対して借入利率+2.1%
保証人・担保 不要
必要書類 (1)本人確認書類の写し(いずれか1通)
・運転免許証または運転経歴証明書
・各種健康保険証
・個人番号カード
  表面のみご提出ください。
・日本政府発行のパスポート
  顔写真入りのページと所持人記入欄(氏名・住所)のページをご提出ください。
・在留カードまたは特別永住者証明書
(2)所得証明書類の写し(いずれか1通)
①お勤めの方
・源泉徴収票
・住民税決定通知書または課税証明書
・納税証明書(その2)
・確定申告書(付表含む)(※)
②個人事業主・会社経営の方
・住民税決定通知書または課税証明書
・納税証明書(その2)
・確定申告書(付表含む)(※)
※税務署の受領印のあるもの。E-tax利用の場合は申告書の写しと受信通知が必要となります。
個人番号の記載のないものをご提出ください。 
(3)預金口座振替依頼書
・ご返済方法が口座引落のお客さまのみご提出ください。振込(ATM)返済の場合にはご提出不要です。
【ご注意】
●審査の結果、上記書類以外に当社指定の書類をご用意いただく場合があります。
●運転免許証または各種健康保険証をご提出いただく際、現住所が裏面に記載されている場合は表面/裏面両方のコピーをご提出ください。
●以下、記載があれば塗り潰しのうえ、ご提出をお願いいたします。
   本籍地/個人番号/臓器提供意思表示/通院歴/保健医療情報
●上記(1)以外の本人確認書類をご希望される場合には、法定書類であることが要件となります。詳細は別途お問い合せください。
●ご提出いただいた必要書類は返却いたしませんので、あらかじめご了承ください。
●外国籍の方で通称名によるお取引をご希望される場合は、別途届出書類が必要となりますので、お問い合わせください。
入会費・年会費 不要

融資・返済

融資方法 (1) お客さまご指定の口座への当社振り込みによるお借入 (2) 提携金融機関のATMによるお借入
返済方式 残高スライドリボルビング方式
契約期間及び回数 1年(原則として審査のうえ自動更新)
返済方法 (1) お客さまご指定の口座からの口座引落しによるご返済 (2) 当社指定口座へのお振り込みによるご返済 (3) 提携金融機関のATMからの入金によるご返済

会社概要

商号 オリックス銀行株式会社
本社所在地 東京都港区芝3-22-8 オリックス乾ビル
受付時間 9:00~18:00 土日祝および12/31~1/3休
登録番号
協会登録番号
人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧
マネポタ:カテゴリ