知識

学生アルバイトが確定申告するメリットとは?

給与から税金が抜かれている?

パイとパーセント

アルバイトの給与を貰う時、働いた金額をそのまま受け取れるわけではありません。
給与には税金がかかりますが、アルバイトの場合、源泉徴収といって給与から税金を一定の割合で差し引かれます。
給与が100万円以下なら「給与×10.21%」、100万円超なら「(支払金額-100万円)×20.42%+102,100円」=源泉徴収金額です。

10万円の給与なら、10,210円が源泉徴収で差し引かれているので、手取りは89,790円です。
10.21%の0.21%、20.42%の0.42%は、復興特別所得税額であり、2013年1月1日~2037年12月31日までの期間限定でプラスされています。

源泉徴収は基本的に消費税込みの金額に対してかけられますが、請求書に給与と消費税の金額が分けて記載されている場合は、消費税抜きの金額に対してかけられます。
源泉徴収されたお金は、会社から税務署に納付されるので、自分で税金を納めなくてよいというメリットがあります。

税金を払い過ぎている?

しかし、源泉徴収には様々な控除があります。
控除とは「引く」という意味であり、所得から控除を差し引くと、最終的に支払う税金が少なくなります。
学生アルバイトの場合、「扶養家族」に該当したり、「勤労学生控除」を受けられたりする可能性がありますので、源泉徴収で一定額差し引かれただけですと、これらの控除が反映されず、結果的に「払い過ぎ」になってしまう場合があります。

控除を含めて、最終的な税金(所得税)を算出する方法を「確定申告」と言います。
確定申告して税金を払い過ぎていることが分かった場合、「還付申告」すると余分に支払った税金が戻ってきます。
簡単な手続きをするだけで数千円、数万円のお金が戻ってくるのですから、学生アルバイトでも確定申告・還付申告することをおすすめします。

年収130万円以下なら全額還付

学生には「勤労学生控除」があります。
勤労学生控除とは、学生の場合、年収130万円以下の人は所得税を支払わなくてもよいという控除です。
年収130万円の場合、通常は(130万円-100万円)×20.42%+102,100円=16万3,360円の源泉徴収税が発生しますが、学生の場合はそれがタダになるということですから、全額還付してもらえます。
月10万8,334円以上働いている方は、勤労学生控除を利用できるので忘れずに申告しましょう。
会社から源泉徴収票を貰えれば、それを持って税務署に行くだけで還付申告できます。
還付は手渡しできなく銀行振込となりますので、銀行通帳(または銀行名・支店名・口座番号・口座名義に付いて書かれたメモ)とハンコも持っていきましょう。

また、年収103万円以下の場合は「扶養家族」になりますので、他の家族(主に両親)が「扶養控除」を受けられます。
扶養控除とは、年収103万円以下の家族を「扶養」している場合に受けられる控除です。
年収103万円以上130万円以下の場合は、学生本人は勤労学生控除は受けられますが、家族は扶養控除を受けられなくなります。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧