知識

国民年金基金とは?自営業の二階建て基礎年金!

国民年金との違い

シニアカップル

年金には様々な種類があります。
自営業が加入する「国民年金」(老後基礎年金)、サラリーマンが加入する「厚生年金」、公務員が加入する「共済年金」などがあります。
いずれも強制加入ですが、国民年金に比べると、給与から自動的に差し引かれる更生年金、共済年金の方が支給額が高いです。
よく基礎年金を1階と2階で表し、自営業は1階部分だけで、サラリーマンや公務員は2階部分も貰えるというように表現されており、「自営業だと割に合わない」と感じている方も多いと思います。

しかし、自営業には強制加入の国民年金だけじゃなく「国民年金基金」など任意加入の年金も用意されています
そちらにも加入することで、基礎年金の2階部分の年金を受け取れるようになります。

国民年金基金の特徴

国民年金基金は、国民年金と違って様々な給付パターンが存在します。
たとえば、65歳から支給開始されて15年間の保証が付いている「終身年金A型」、同じく65歳から支給されて保証期間のない「終身年金B型」があります。

終身保険というのは、死ぬまで年金が貰える制度であり、保証付きというのは、本人が死亡してもその期間内は遺族に一時金として支給される制度です。
たとえば終身保険A型で、本人が75歳に亡くなってしまった場合、残りの5年間は遺族に支払われます。
万が一支給前に本人が亡くなってしまっても、遺族一時金は支払われます。

また、終身保険に対して確定年金という給付パターンもあります。
確定年金とは、その期間だけ年金が貰えるという制度です。
たとえば、65歳~80歳まで15年間支給される「確定年金Ⅰ型」、60歳~70歳まで10年間支給される「確定年金Ⅳ型」などがあり、いずれも保証付きとなっています。

所得控除を受けられる

国民年金基金に加入すると支給される年金が増えるだけじゃなく、掛金が全額「社会保険料控除」の対象となります
たとえば国民年金で約15,000円、国民年金基金で約10,000円の年金を支払っている場合、1年間で約30万円の控除となります。
国民年金基金の掛金の上限は月額6万8,000円ですので、上限まで加入すると、国民年金と合わせて年間約100万円の控除となります。
課税される金額が少なくなると、所得税や住民税も軽減されますので、自営業の方にとっては大きな節約となります。

加入条件

国民年金基金の加入資格は、20歳~60歳未満の国民年金第1号被保険者(自営業など)と、60歳~65歳未満の国民年金任意加入者だけになります。
ただし、上記に該当する方でも国民年金(老後基礎年金)を支払っていない方や、国民年金保険料の免除を受けている方は加入できません。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧