知識

ブラックでクレジットカードを作るには?ハウスカードのススメ!

国際ブランドは審査に通りにくい

モールとカード

金融事故を起こすと信用情報に事故情報が記録されるため(所謂ブラック)、クレジットカードの審査に通りにくくなります。
事故情報が消えるまでは5年以上かかりますが、その間クレジットカードを持てないと不便な方もいるでしょう。
しかし、クレジットカードはキャッシングやカードローンよりも比較的審査が甘く、ブラックの間でも審査に通る可能性があります。

ただし、「VISA」「MasterCard」「JCB」等の国際ブランドの付いているカードですと、使用できる範囲が広い分貸し倒れのリスクも高まりますので、ブラックの方はやはり敬遠されてしまいます。
そこでおすすめなのが、国際ブランドなしのハウスカードです。

ハウスカードとは?

ハウスカードとは、発行元の店舗や系列店で使用できるクレジットカードのことです。
たとえば、丸井のエポスカードやコスモ石油のコスモザカード、ビックカメラの仮カード等があります。
特定の店舗でしか使用できませんが、ハウスカードも立派なクレジットカードです。
国際ブランド付きのカードを否決された時に、「ハウスカードなら発行できます」と言われて発行する方も多いですが、ハウスカードは用途が限定される分、審査基準も低くなります
ブラックですと否決される可能性もありますが、審査に通ったという方も少なくありません。
ブラックの方、ブラック開けの方が最初に申込む1枚としてハウスカードはおすすめです。

クレジットヒストリーを作る

金融事故を起こして強制解約された場合、信用情報の記録は5年間そのままになりますが、5年経過して信用情報がキレイになったとしても、そのことを理由にローンやクレジットカードの審査に落ちてしまう可能性があります。
5年間ローン情報がないと「この人はブラックになって信用情報が消えたんだな」と分かってしまうからです。

この場合も審査に通りにくくなりますが、ハウスカードの審査に通ればその時点からクレジットヒストリー(信用情報に記録されるクレジットカードの利用履歴)を作ることができるので、事故情報が消えた後もスムーズにローンを組みやすくなります。
クレジットヒストリーはクレジットカード毎に作られますので、他のカードに事故情報が付いていても関係ありせん。
他のカードの事故情報が消えた時には、契約中のハウスカードの記録しか見ることができませんので、他のローン会社には事故を起こしたことも分かりません。

延滞しないことが大切

もちろん延滞を起こさずきちんと返済していることが条件となります。
せっかくハウスカードの審査に通っても延滞を起こして強制解約になってしまえば、また同じことの繰り返しになってしまいます。
無理な使い方をしないよう、できるだけカードを使わないようにする、利用可能枠を低くするなど、自分なりの努力を重ねることが大切です。

ちなみに、発行元によってはハウスカードの上位に国際ブランド付きのクレジットカードが用意されています。
ハウスカードで半年から1年以上実績を積めば、上位カードの審査に通る可能性も高くなりますので、まずはそちらから申込んでみることをおすすめします。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧