知識

へそくりは夫婦どちらのものになる?

へそくりは夫婦の共有財産

カップル
 妻のへそくりを発見してしまったとき、これは夫婦どちらのものになるのでしょうか。日本の法律では、夫婦の一方が結婚の前からもっていた財産、それと結婚後に自分の名前で得た財産はその人の財産ということになります。つまり、そのへそくりが結婚前からもっていたものだったり、自分で稼いだものなら、それは妻のものということになります。

それでは専業主婦の場合はどうか。へそくりの元手は夫の給料ですので法律上は夫のものということになります。しかし、婚姻中に夫婦が協力して得た財産は夫婦2人の共有財産であるという考え方もあります。ですので、夫婦どちらか一方のものにするのではなく、2人で話し合って使い道を決めるというのが現実的なところでしょう。

なにかあったときの貯えとしてのへそくりも

発見した妻のへそくりを夫のものにすることができなくても、それを理由にしてお小遣いの増額を要求することは可能です。夫婦は資産や収入などを考慮して婚姻費用を分担する義務があります。一般的には、家に生活費を入れない夫に対して妻が婚姻費用を請求するケースが多いのですが、当然、この逆のケースも認められます。へそくりをするほどの余裕がありながら妻が夫に対して十分なお小遣いを渡さないのであらば、夫は妻に対して婚姻費用を請求できるのです。

しかし、妻のへそくりを見つけても、生活がうまくまわっているのであれば、それを無理に取り立てようとしないほうがいいかもしれません。担保ジャパン・ディー・ワイ・アイ生命保険株式会社によると、主婦のへそくりの平均金額は416万円。妻はそれを自分ひとりの贅沢のためではなく、家族になにかあったときのために蓄えているという人が多いからです。

夫のへそくりの平均金額は112万円。夫がへそくりを貯める方法はいくらでもあります。家には持ち帰らない通帳に勤務外の報酬を振り込んでもらったり、出張のときにでる日当をそのままへそくりにしたりなどです。そうやって貯めたへそくりを友人との交遊費などに使うのでしたら問題はありませんが、中には浮気のために使う夫もいます。しかし、あまりにも厳しく管理しすぎると夫婦間に亀裂を生じさせてしまうので難しいところではあります。

離婚が絡むと泥沼化します

しかし、へそくりのことで夫婦間で揉めても婚姻中であればたかが知れています。泥沼化しやすいのは離婚が絡んだときです。夫婦どちらかの単独財産は原則として財産分与の対象にはなりません。しかし、その財産の形成・維持に夫婦の協力があった場合、分与が認められることもあります。そのため、へそくりなどの隠し財産があると争いが起きやすく、これを避けるためにへそくりの存在を秘密にしたまま財産分与の協議に入る人もいます。

その場合、弁護士をつけても相手の隠し口座を見つけることはやや困難です。銀行口座を差し押さえするには銀行名と支店名の両方が必要なのですが、銀行名はわかっても支店名がわからないというケースが多いからです。支店をしらみつぶしに調べていくという方法もありますが、費用はかなりかさんでしまいます。銀行から自宅に届く郵便物から相手の銀行口座がわかることもありますので、もし離婚を考えているならそういったものをきちんとチェックしておいたほうがいいかもしれません。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧