知識

国債を買うメリット・デメリット

国債が破産する可能性は低い

財政データ

国債のメリットは、投資対象として安全性が非常に高いことです。
国債は、償還期限を迎えると額面価格を支払ってもらえますから、国債が機能している限り、必ずプラスになります。
「国債は破綻するんじゃないの?」と疑われる方も多いと思いますが、日本が破綻しない限り、国債というのは基本的に破産しません。
というのも、国債は円建てで支払いますので、万が一借金を返済できなくなった場合は、日本政府がお金を印刷して借金を返済することができます。
一般の企業と違い、奥の手があるということです。

インフレリスクがある

もちろん、お金を大量に刷ればインフレになる可能性があります。
インフレとは、物価が上昇することです。
100円で買えたものが、200円出さないと買えないという状態になった場合、たとえ国債の額面金額を返還してもらったとしても、結果的に資産が目減りすることになります。
これは国債のデメリットです。
お金を刷るにしても、そう簡単にインフレにならないよう微調整しながら行われると思いますが、インフレのリスクがあることは確かですので、国債だけに全額投資するというのは、リスク管理の面で少々問題があるかもしれません。

預金・保険・年金でもリスクは同じ

「国債はリスクがあるから預金しよう」といっても、円の価値が下がれば、銀行にお金を入れっぱなしにしていても、どんどん資産が目減りしていきます。
保険、年金も同様です。
いずれも国債と同じ円建ての投資ですし、そもそも国債を使って運用されているものですから、分散投資になりません。
ですので、インフレリスクを考えるなら外貨に投資すること、あるいは金などの実物資産を持つ必要があります。

市場金利に左右される

個人向け国債の場合、償還期限まで待たずに途中で売ることも可能ですが、その場合は市場金利が適用されます。
国債を購入した時よりも市場金利が高くなっていれば、誰も金利の低い国債を買おうとはしませんので、買い手が現れず国債を売ることができない、あるいは値下げしてでも買ってもらうということになります。
国債を償還期限まで持っていれば、元金と利息は保証されますが、途中で売る場合は、市場価格に左右されるリスクがあるということです。

基本的に日本の国債を購入しているのは国内の日本人ですので、市場金利がそれほど変動することはありません。
海外の人が大量に購入して、大量に売りに出された場合などは、信用が落ちて価格が暴落するという可能性もありますが、日本国債はそのようなリスクが低いという点でも信用性が高いです。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧