知識

フリーターの節税方法!二階建て年金を活用する

フリーターの税金は高い?

札束

給与を得ている方は誰でも所得税を支払いますが、この所得税というのはバカになりません。
課税される所得金額が195万円以下ですと税率は5%です。
195万円(月16万2,500円)稼いで控除される金額(保険料など)が一切ない場合、195万円×0.05=9万7,500円が所得税となります。
195万円超330万円以下の場合は10%となり、その金額から97,500円が控除されます。
240万円(月20万円)稼いだ場合は、240万×0.10-97,500円=14万2,500円が所得税となります。

個人事業主の場合、青色申告の控除を受けたり、経費として色々差し引いたりして、所得税の金額を下げることができますが、副業をしていないフリーターですと、経費に該当するものがありません。サラリーマンの場合も、給与所得控除を受けることができるので、フリーターと同じ給与でも最低65万円の控除を受けることができます(給与が上がると控除額もアップします)。フリーターは自由な働き方を追求できますが、同じくらいの給与を貰っている個人事業主やサラリーマンと比べると、多くの税金を支払わなくてはなりません。

社会保険料控除で節税

そこで活用したいのが、「社会保険料控除」です。
社会保険料控除とは、国民年金や健康保険など社会保険の支払いにかかった費用(1年間の費用)を、その年の所得から全額差し引くことができるという制度です。
2015年の国民年金は1年間で約19万円、健康保険は自治体によって異なりますが、東京都で195万円の給与がある40歳未満の方ですと、保険料は12万1,567円になります。
195万円からこれらの費用を差し引くと、所得は164万1,353円、所得税は8万2,067円となります。

基本的に20歳以上の方は国民年金や健康保険の費用を支払っていると思いますので、すでに30万円程度の控除を受けていることでしょう。
しかし、30万円の控除をしても所得税は1万5,000円しか減りません。そこで、もっと所得税を減らすために国民年金の支払い額を上げるという方法が考えられます。

国民年金の2階建て部分を支払う

国民年金は基礎年金と呼ばれており、20歳以上60歳未満の人がすべて加入しておりますが、基礎年金だけで老後の生活をすべて賄うことは難しいです。
会社員や公務員であれば、基礎年金に加えて厚生年金に加入しているので、年金の受給額が高く、老後も心配も少ないです。
しかし、国民年金にも基礎年金に加えて、任意で加入できる「国民年金基金」や「確定拠出年金(個人型)」があります。
厚生年金に該当する国民年金の「2階建て」の部分に、任意で加入できるのです。
普通に貯金するよりも年金の支払いに充てた方が、将来貰える金額がアップしますし、税金の支払いも減りますので一石二鳥です。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧