知識

変動金利のメリット・デメリット

変動金利のメリット

変動金利

変動金利のメリットは、固定金利よりも金利が低くなることが一般的であり、月々の返済額が抑えられるということです。
ただし、変動金利は景気の動向によって金利が左右されるので、短期ではなく長期でローンを組む場合、将来的に金利が高くなる可能性があります。
金利が上がれば、当然返済額も増えます。
10年くらいでローンを完済するのであれば、変動金利は向いていますが、30年などの長期ローンを組む場合は、変動金利は少々リスクが高いかもしれません。

変動金利の金利はどうやって決まるの?

変動金利は、短期金利に連動して決まります。
短期金利とは、取引期間が1年未満の金融資産の金利です。
お金を貸し借りする時に、償還期限(満期)が1年未満だと短期金利、1年以上だと長期金利です。
1年未満の定期預金金利や普通預金金利も短期金利です。
代表的な短期金利といえば「無担保コール翌日物」(無担保で翌日に返済する資金の取引)ですが、日本銀行は「無担保コール翌日物」レートを政策金利としています。

短期金利は、半年に一度金利が見直されていますが、毎月返済する金額については5年に1度の見直しが一般的です。
これを「5年ルール」と言います。

金利が急激に変化すれは、返済額も急に増えてしまうことになりますが、そのリスクに対処するために「金利変更後の返済額は当初の1.25倍までにすること」と定められています。
これを「1.25倍ルール」と言います。

固定金利のような安定性はありませんが、急に金利が上昇しても、返済額が見直されるのは5年毎ですし、返済額の変動は最大1.25倍ですので、「急に返済額が増えて返せなくなる!」という心配はありません。

変動金利のデメリット

ただし、「5年ルール」と「1.25倍ルール」にもリスクがあります。
「5年ルール」は、返済額自体は5年間変わりませんが、半年毎に金利は変動しているので、金利が上がれば、返済額に占める利息の割合も大きくなります。
同じ金額を返していても、元金の減りが遅くなるので、最終的な返済額は増えてしまいます。
金利が高くなるなら、返済額も増やせばいいと思われるかもしれませんが、「1.25倍ルール」がありますので、最大1.25倍しか返済できません。
住宅ローンなどは、繰上返済の手数料が非常にかかりますので、繰上返済することもできません。

毎月の返済額の変動を抑えられるというメリットはありますが、お金をどんどん返せる人にとっては、余計な利息を支払うことになってしまう可能性もあります。
金利が上がってしまうと、毎月の返済額のすべてが利息の返済に充てられてしまい、元金がまったく減らないという場合もあります。
それどころか、利息の返済分も足りずに「未払い利息」が生じてしまう可能性もあります。
金利の動きが予測できない状態で、変動金利を選択するのは少々リスクが高いです。

カードローン人気ランキング
地域密着カードローンランキング
マネポタ:カテゴリ