知識

今も絶えない悪質出会い系サイトの手口

その手口はさまざまです

出会い
 雑誌やインターネットなどによく広告を載せている出会い系サイト。しっかりと真面目に運営して数多くのカップルを成立させている良心的なサイトがある一方で、利用者からお金を騙し取るだけの悪質な運営会社が多いのもまた事実です。その手口には次のようなものがあります。

サクラ詐欺

サクラと呼ばれる人たちがサイトの利用者を装って顧客にアプローチをかけてきます。顧客はポイントを購入してそのサクラとメールのやり取りをします。サクラはポイントがなくなりそうになると、会えるような素振りを見せてきてまたポイントを購入させます。会う約束をしても当日になってドタキャンされたりで絶対に会えることはないのですが、顧客はいつか会えるのではないかという期待からポイントを購入してしまい、気がついたときにはとんでもない金額になっています。サクラをやっているのは多くがふつうのフリーターです。自分が犯罪行為に加担しているという意識もなく、ちょっと報酬のいいアルバイトという感覚でやっていることが多いようです。

悪徳出会い系詐欺

利用したことのある出会い系サイトがあとから高額な利用料金を請求してきたり、退会手続きなどにおいて高額な退会金や違約金を請求してきたりします。断ると「延滞金が発生する」とか「家や勤務先まで行く」と言って脅しをかけてきます。しかしこんなものは払う義務なんてありませんし、「家や勤務先まで行く」なんていうのもただのハッタリです。とにかく無視をしましょう。最初は数万円くらいの払いやすい額を請求されますが、これに払ってしまうと、その後も何度も請求されたり、他の悪徳業者に個人情報が流されてしまったりします。

迷惑メール詐欺

友達のような文面だったり、アダルト系の勧誘の文面のメールが送られてきて、それに返信して何度かやり取りをしているうちに悪質出会い系サイトに誘導されます。男性のスケベ心を巧みに刺激してくるものが多いので、騙されないように気をつけましょう。

二重登録詐欺

完全無料の出会い系サイトに登録すると、それと連携して有料の出会い系サイトに勝手に登録されてしまう詐欺です。登録されてから迷惑メールが大量に届いたり、架空請求に発展するケースもあります。

悪質サイトの見分け方

悪質な出会い系サイトを見分けるポイントはいくつかあります。ひとつは女性からすぐにお誘いが来るということ。出会い系においても女性から男性にアプローチをかけることはそうありませんし、その内容がアダルトであればほぼ100%サクラです。別のところで話をしようといって有料のサイトに誘導しようとしてくることもあります。サクラは人間ではなく、システムの自動返信の場合もあります。その場合、メールのやり取りがあまり噛み合いませんし、こっちがなにか質問をしても答えを返してくれません。他の利用者のプロフィール写真が美男美女ばかりの場合も疑ってかかる必要があります。

詐欺に遭ってしまったら

悪質出会い系サイトからお金を騙し取られてもそれを取り返す方法はあります。そのひとつ自分で運営会社に文句を言うこと。業者によってはあまりにうるさいお客さんには素直に返金することもあるようです。ただし、この方法は気の弱い人には向いていません。運営会社に内容証明を送りつけるという方法もありますが、業者によってはまったく効果がありません。いちばん確実なのは弁護士に相談することです。ただし、相談する弁護士は慎重に選ぶ必要があります。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧