知識

信用金庫と信用組合の違いとは?

信用金庫とは?

オフィスビル

信用金庫と信用組合は名前や機能が似ているので一緒に語られることも多いですか、いくつか相違点があります。
まず、信用金庫は「信用金庫法」によって運営されており、銀行とほとんど同じ機能を有しています。
信用金庫はもともと信用組合でしたが、銀行に近い働きをしている組織が信用金庫となり、それ以外の組織が信用組合として分かれることとなりました。
ですので、信用金庫は銀行と同じく、お金を預けることができますし、融資を受けることも可能です。

信用金庫では、銀行よりも低金利で融資を受けられる場合が多く、審査基準も低く比較的利用しやすいという特徴があります。
なにしろ信用金庫は、会員の出資によって成り立つ非営利法人であり、組織の利益ではなく国民の利益(貯蓄増強に繋がる行為)を第一としています。
銀行も公共性が高いとはいえ、株式会社ですので株主の利益を第一としていますから、その点が信用金庫と異なります。
地域住民であれば信用金庫の方が、好条件で利用できる可能性があります。

信用金庫の融資条件

ただし、信用金庫で融資を受ける場合は会員となり、出資金を支払う必要があります(卒業生金融などがあり、会員以外の融資も制限付きで可能です)。
また、信用金庫の会員になるには地区内に居住していることが条件となります。
事業者の場合は、さらに「従業員300人以下または資本金9億円以下の事業者」が融資対象とされており、中小企業のみ取引可能です。

銀行の場合、融資について特に制限がありませんので、大企業は銀行と取引することとなります。
銀行も大企業との取引をメインにしており、中小企業や個人に対する融資はそこまで積極的ではありません。
銀行の融資に断られたら、県内の信用金庫を当たってみるとよいでしょう。

信用組合とは?

信用組合は、「中小企業等協同組合法」「協同組合による金融事業に関する法律(協金法)」によって運営されており、組合員の相互扶助を目的としています。
信用組合も信用金庫同様、組合員の出資によって成り立つ協同組織です。

信用組合でも、地区内に居住している組合員であれば融資対象となりますが、信用金庫と違って卒業生金融はありません(組合員以外も制限付きで融資可能です)。

事業主に対する融資も、信用金庫より範囲が狭くなっており「従業員300人以下または資本金3億円以下の事業者」に限られます。
ただし、卸売業は「従業員100人以下または資本金1億円以下」、小売業は「従業員50人以下または資本金5,000万円以下」、サービス業は「従業員100人以下または資本金5,000万円以下」とされています。
信用金庫が大企業以外に幅広く融資しているのに対し、信用組合はより範囲を限定し、小規模の事業主のみを対象としています。

カードローン人気ランキング
地域密着カードローンランキング
マネポタ:カテゴリ