知識

日銀は円をどうやって増やすの?信用創造とは?

銀行の「信用創造」とは?

ビルとお金

日銀が「円の流通量を増やす」という場合、どのように円が増えていくのでしょうか?
結論からと言うと、「信用創造」によって増やします。
信用創造とは、銀行が預金と貸付を繰り返すことによって、お金が増えていく仕組みです。
銀行には多くの方が預金していますが、預金は一斉に引き出されることはありませんので、銀行は預金の一部を手元に残し、それ以外を企業などへの貸付に回すことができます。
企業がなぜお金を借りるのかといえば、取引先への支払いがあるからです。
企業から支払いを受けた取引先は、そのお金をすぐに使わず、銀行に預けます。
すると、銀行はまた一部の金額を残して、預かったお金を再び企業などへの貸付に回すこととなります。
こうして預金・貸付を繰り返していくと、銀行全体の預金残高は増えていきます。
これを「信用創造」と言います。

貸付するとお金が増える

一般の預金者から、最初に銀行に現金で預けられる金額を「本源的預金」と言い、本源的預金をもとに信用創造されたお金を「派生的預金」と言います。
預金者が現金を引き出そうとした時にお金がないと困りますから、銀行は一定の割合(法定準備率)で現金を手元に置いておくこととなりますが、このお金のことを「法定準備預金」と言います。
要するに、お金を貸すとそれだけ銀行の資金が増えるということです。
同時に、市場にも大量のお金が出回ることとなります。

日銀が「円の流通量を増やす」と宣言するということは、全国の銀行に対して「企業や個人にお金をどんどん貸しなさい」という指示が出ているということですから、お金を借りたい人にとってはチャンスかもしれません。
また、景気刺激策として紙幣を発行する場合もありますが、紙幣を発行するということは、その金額を企業などに貸付し、上記のように連鎖的に増えていくということですから、10兆円発行すれば100兆円のお金が動く可能性があります。

マネーサプライとは?

市場の通貨流通量のことを「マネーサプライ」(通貨供給量)または「マネーストック」(通貨残高)と言います。
金融機関や中央政府の保有する通貨は含まれません。
通貨流通量を増やすためには、銀行が貸付しやすい環境を作る必要があります。
そのために金利を低くしたり、特定の事業に対して補助金を付けたりします。
しかし、必ずしも政府や銀行の思惑通り、お金を借りる人がたくさん現れるとは限りません。
通貨流通量の指標には、M1、M2、M3、広義流動性の4つの種類があり、現金や預金、投資信託の合計などから判断します。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧
マネポタ:カテゴリ