知識

消費者金融系クレジットカードとは?審査は甘い?

唯一の消費者金融系カード

マスターカード

クレジットカードと言えば、銀行や信販会社が発行しているイメージがあるかと思いますが、消費者金融が発行しているクレジットカードもあります。
それはアコムが発行しているACマスターカードです。
以前はアイフルやプロミスなどもクレジットカードを発行していましたが、2015年現在ではアコムしか発行していません。
消費者金融と聞くと「信用性は大丈夫?」と不安に思われるかもしれませんが、アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループに属しているため、他の消費者金融のように突然倒産するという心配はありませんし、国際的に見ても一定の信用がありますので、マスターカードからライセンスも与えられています。

とはいえ、社会的信用という面では確かに銀行や信販会社に劣るでしょう。
また、ACマスターカードにはショッピング・キャッシング以外の機能がなく、ポイントサービスやETCもありません。
ショッピングのリボ払い専用になりますので(一括返済は可能です)、ポイント還元率や利便性で選ぶのであれば、流通系やメーカー系カードを使用した方がお得です。
それでは、消費者金融系カードは一体何の役に立つのでしょうか。

属性に不安がある方におすすめ

大きなポイントとしては、消費者金融は他のクレジット会社と審査基準が異なり、比較的柔軟な審査が行われるということです。
そのため、流通系カードの審査にも通りにくい方(多重債務者やほぼブラック状態の方)でも審査に通るケースがあると言います。
ブラック状態が終了したばかりでクレジットカードを作りにくい方も、ACマスターカードを利用すればクレジットヒストリーの積み重ねに役立ちます

審査時間も非常に短く、ネット申込なら最短30分で審査結果が出ます。
クレジットカードの発行は、アコムの自動契約機(むじんくん)で行うこともできるため、ネット申込で審査結果が出てからむじんくんでカード発行を行えば、スムーズにクレジットカードを手に入れることができます。
キャッシング機能付きですので、少し現金が足りないという時にも利用できます。

普通のカードとして利用できる

他にも審査の甘いクレジットカードはありますが、国際ブランドが付いておらず、利用範囲が限られてしまう場合もありますが、ACマスターカードは国際ブランドですので国内はもとより海外でも使えます。
しかも、外見が普通のマスターカードと変わりませんから、他の人に消費者金融のカードであると分かりません。

リボ払い専用カードの注意点

一般のクレジットカードとして使用できるACマスターカードですが、1つ注意しなくてはならないのは、リボ払い専用カードということです。
ACマスターカードのリボ払い手数料は年率14.6%であり、それほど金利手数料は高くありませんが、使い過ぎるとどんどん利息がかかってしまいます。ATMや店頭で一括返済することも可能ですので、余裕が出来たら一括返済することをおすすめします。

関連URL(外部リンク)

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧