知識

子育てに掛かるお金はどれくらい?平均で約1600万円も費用がかかる!?

女子高校生
子育てに掛かるお金はどれくらいなのか・・・・・・子どもを産む前に知っておきたいと思っている人は多いのではないでしょうか。子育てにはお金が掛かるということは、皆さんわかっていることだと思います。ここでは、お金がどれくらい掛かるのか・どのようにして子育てに掛かるお金を用意しているのかなどについてお話をしていきます。

子育てにどれくらいのお金がかかるのか

いざ子どもがほしいと思っても、お金が掛かってしまうのが目に見えていて二の足を踏んでしまっている状態だという人も、最近は多いようです。確かに、子どもを産んでも十分な教育を受けさせてあげることができるのか・不自由を感じさせることなく育てることができるのかなど、不安なことがたくさんありますよね。ここではまず、子育てに掛かってくるお金の平均をお話していきたいと思います。

平均で約1600万円もかかる!

まず、子育てには平均で約1600万円ほど掛かるといわれているのです。「え!そんなに掛かってしまうの!?」とびっくりした人もいるのではないでしょうか。子どもの食費、医療費、教育費、お小遣いなど全て足していって、大学まで通わせてあげるとすると、約1600万円になります。この金額だけを見てみると、こんな大金を用意することなんてできないのではないかと不安になってしまいますよね。

子どもの進路によっても違ってくる

先ほど、子育てには平均で1600万円掛かるとお話をしましたが、それは子どもの進路によっても違ってきます。例えば、大学へは行かず、高校卒業後すぐに就職をする場合は、その分金額が減ってくるでしょう。さらには、学校の中でも公立なのか私立なのか、学費が安いところなのか高いところなのかでもずいぶん合計金額は変わっていきます。

どんな進路でも対応するには約3000万円掛かる!?

もし、子どもが私立で学費の高い大学へ行きたいと言ったら、どれくらいのお金が掛かってしまうのでしょうか。実は、どのような進路にも対応するには約3000万円のお金が必要になってくるといわれているのです。「3000万円なんて、一戸建ての家が建てられてしまうじゃない!」と驚く人もいますよね・・・・・・

子育て費用を用意するには・・・・・・

先ほどまで、子育て費用はどれくらい掛かるのかということをお話していきました。とてもじゃないけれど、こんなに大金を用意することはできない・・・・・・!と尻込みしてしまった人もいるでしょう。では、子育てをしている人は、どのようにしてその子育て費用を用意しているのでしょうか。ここでは子育て費用の用意の仕方についてお話をしていきます。

子どもを作る前にある程度貯めておくのが一番!

1番理想的なのは、子どもを作る前にある程度貯めておくということです。全て用意するとは言いませんが、ある程度貯めておくことができれば余裕を持って子どもにお金を使うことができます。ですが、皆がみんな、子どもを作る前に貯めておけるというわけでもありませんよね。なので、この方法はあくまで理想的な方法です。

学資保険に入る

現実的な話をすると、学資保険に入ることをおすすめします。子どもを産んですぐに学資保険に入ると、そこそこ少ないお金で保険に入ることができるのです。毎月1万円くらいずつでも、18年間(大学入学に合わせて)で200万円以上にもなってくれます。これで、大学の入学金などの悩みをなくすことができて、それだけで心に余裕ができますよ。

児童手当を貯めておく

また、子どもが生まれると、手続きをすれば児童手当が振り込まれます。こどの児童手当を、使わずに全て貯めておくというのもおすすめな方法です。児童手当を子どものために貯めておくというのは、多くのママたちがやっていることだと思います。児童手当をためておく専用の口座を作ってみてはどうでしょうか。

もし教育費用が足りなかったら・・・・・・

どんなにがんばっても、お金が足りなくなってしまうこともあるかもしれません。予想外の出来事が起こって、お金がなくなってしまった・・・・・・教育資金が足りなくなってしまった・・・・・・そんな事態に陥ってしまったら、どうすればいいのでしょうか。ここでは、もしも子どもの教育費用が足りなくなってしまった場合の対処法についてお話をしていきたいと思います。

公立の学校に入ってもらう

まず、高校や大学の教育費用が足りなくなってしまいそうなら、私立よりはお金が掛からない公立の学校に入ってもらうようにすることになってしまうかもしれません。公立の高校なら、少ないお金でも十分な教育を受けることができます。もしも公立の高校も金銭的に危ないかもということになれば、定時制、通信制などで考えてみてもいいかもしれません。ですが、高校・大学は本人が行きたいところに行かせてあげるのが1番いいと思います。できるだけお金を工面できるようにしていけると良いですね。

奨学金制度を利用する

絶対に行きたい学校が決まっている!そこ以外は行きたくない!というのであれば、奨学金制度を利用することをおすすめします。「奨学金って結局は借金でしょ?」なんていう人もいますが、お金が足りないけれど、どうしてもその学校に行きたいというなら奨学金を借りるしかありません。また、一言で奨学金と言っても、無利息なものや利息があるもの、様々な種類のものがあります。自分にあったものの中から選ぶことができると良いですね。

子育てに掛かるお金まとめ

ここでは、子育てに掛かるお金についてお話をしていきました。子育てには、平均で約1600万円、どんな進路にも対応するなら約3000万円も掛かるといわれています。子育てで掛かるお金で大部分を占めているのが、やはり学費です。学資保険に入ったり、児童手当を貯めておいたりして教育資金を確保しておくことが大切になってくるでしょう。

参考:子育てラボ

カードローン人気ランキング
地域密着カードローンランキング
マネポタ:カテゴリ

マネポタ:テーマ

すべてのテーマを見る