知識

育児休業給付金とは?いつ受け取れるの?

育児休業給付金は、育休中でも金銭面で困らないようにママをサポートしてくれる給付金です。
産後にお仕事に復帰することを考えている方なら聞いたことがあるとおもいますが、予備知識がなければ実際にどのくらい、いつ、どうやって受け取れるのか具体的なイメージがわきませんよね。
今回は、そんな育児休業給付金について、ママが知りたい情報を解説いたします。

育児休業給付金とは?

赤ちゃんの手育児休業給付金とは、育休後に仕事復帰を考えているお母さんのサポートのための給付金制度です。
産前に働いている職場で雇用保険に加入していた方は、条件さえ合えば子供が育休開始から1歳になる誕生日の前日まで、長い方で子供が1歳6か月になる日の前日まで受け取ることができます。

産後の金銭面の問題で子供をもうけるかを悩んでいる方にとっては、とても嬉しいサポートです。

どれくらいの金額を受け取れるの?

育児休業給付金を受け取れるとしても、毎月どれくらい受け取れるかを知るのは、産後のマネープランを組み立てる上でとても大切です。

育児休業給付金の支給額はもともと毎月どれくらいのお給料をもらっていたかという情報をもとに算出されますので、人により全く異なります。
具体的には、

・育児休業開始日〜180日目まで:平均月給の67%
・181日目〜:平均月給の50%

のお金を受け取ることができます。

例えば、月収が20万円のママがひと月当たりにもらえる金額は、開始から180日目までは20万円×0.67=13万4,000円、それ以降は20万円×0.5=10万円です。

ちなみに、それぞれ上限額があり、67%の段階では285,621円、50%では213,150円です。

月収がいくら多くても、その67%が必ず保証されるというわけではありませんのでご注意ください。

育児休業給付金の受け取り方や、受け取れる人は?

育児休業給付金は、雇用保険に入っていない方はもちろん受け取ることができませんが、雇用保険に入っていても条件によっては受け取ることができません。

受け取るための条件は、次の通りです。

1.雇用保険に加入していること
2.育児休業中に、勤務先から月給の8割以上のお金を受け取っていないこと
3.育児休業前の2年間のうち、1ヶ月に11日以上働いた月が12ヶ月以上あること
4.休業日数が対象期間中に毎月20日以上あること
5.育児休業後に職場復帰の意思があること

これらの条件を満たしていれば、基本的に育児休業給付金を、産後8週間後から子供が1歳になる誕生日の前日分までを受け取ることができます。

また、育児休業給付金を受け取るための手続きは次のようになっています。

<育児休業給付金の手続き>

1.育児休業給付受給資格確認票、育児休業基本給付金支給申請などの手続き用紙を受け取っておく。

基本的には勤務先が手続きしてくれることがほとんどです。
ただし、産後に記入が必要な項目もありますので、産休に入る前に、必要な書類はあらかじめ受け取っておきましょう。
育児休業給付金について何も聞いていない、分からないという場合は、一度会社の総務課などに問い合わせをして、確認が必要です。

2.通帳のコピーなどの必要書類を勤務先に送る

無事に赤ちゃんを出産したあとは、受け取っていた必要書類に必要事項を記入し、育児休業給付金の振込先の通帳コピーなどと一緒に職場に提出します。

3.職場からハローワークへ書類提出、育児休業給付金が振り込まれる

産休があけるころ、職場からハローワークへと直接必要書類を提出してくれます。
育児休業給付金は、2か月ごとに追加で申請が必要になりますので、2か月ごとに職場から送られてくる申請書に必要事項を書き込み、返送するのを忘れないようにしてください。

提出期限が過ぎてしまうと、最悪の場合その期間の給付金が受け取れないこともありますので、くれぐれも注意しましょう。

育児休業給付金、初めての支給日はいつごろ?

育児休業給付金が最初に支払われたあとは、おおよそ2か月ごとに給付金がこちらの指定口座に振り込まれます。

ただし、はじめての支給が行われるのは人によりばらつきがあり、育児休業開始から早い人で2か月後、つまり出産後から約4か月後、遅い人だと育児休業開始から5か月後です。

どうしてそんなにばらつきがあるかと言うと、初めての支給の申請締め切りは、育児休業開始日から4か月を経過する日の属する月の末日まで(育児休業開始が6月1日とすれば、締め切りはその4か月後の月の末日である10月31日まで)だからです。

ちなみに、筆者の場合は会社が素早く対応してくれたため、育児休業開始と育児休業給付金の申請を同時に行い、無事育休開始の2か月後には給付金を受け取ることができました。

勤務先によってはゆっくりペースで申請を行うケースも考えられるため、支給が遅くてあせらないようにする為にも、お金は早く振り込まれないことを前提に管理しておくことがベストです。

子供が1歳6か月になるまで延長するにはどうしたらいいの?

原則として、育児休業給付金の支給は育児休業開始日から子供が1歳になる誕生日の前日までですが、次の条件を満たせば1歳6か月になる日の前日まで伸ばすことができます。

・保育園に子供が1歳に達する日以降に入所希望しているにもかかわらず、入所できない場合

・子供を養育する予定だった配偶者が死亡したとき

・子供を養育する予定だった配偶者がけがや病気によって子供の面倒が見られない場合

・離婚などの事情により子供の面倒をみる予定だった配偶者が子と同居しなくなった時

・6週間(多胎妊娠の場合は14週間)以内に出産、または産後8週を経過しないとき

これらの条件で延長する場合、延長申請書以外に保育園の不承諾書や申し込み時の書類、保育を予定していた配偶者の状態の診断書など、延長理由に応じた書類の提出が必要です。
延長申請についても基本的には会社からハローワークへと書類を提出してもらえますが、追加で必要な確認書類は自分で揃える必要があります。

きちんと事前に延長する可能性がある場合は会社に通知しておき、円滑に延長申請できるように準備しておいてください。

出産前にしっかりマネープランをたてよう

育児休業給付金は働くママにとって、出産後も生活するのにとても助かる制度です。
月給の半分程度のお金を受け取ることができるとはいえ、今までもらっていたお給料が減ってしまうことになるので、お金の管理は出産前以上に計画的に行うことが大切です。

育児休業給付金を受け取れる対象となっている方は、実際にどの期間、どれだけ受け取れるかを試算しておき、もしもの時にも困らないように必要なお金などをどうしていくか、よくプランを立てるようにしておきましょうね。

カードローン人気ランキング
地域密着カードローンランキング
マネポタ:カテゴリ

マネポタ:テーマ

すべてのテーマを見る