知識

クレジットカード会社を騙る詐欺に注意!

カード会社が電話をかける目的とは?

詐欺

クレジットカード会社から何の前振りもなく電話がかかってくると、大抵の人は驚いてしまうと思います。
一体、カード会社は何の用事で電話をかけてくるのでしょうか。
よくあるケースとしては、カードショッピングの代金に未払いがある場合や、キャッシングの返済が滞っている場合であり、本人にも心当たりがあると思います。
カード会社は他の金融機関の保証会社になっている場合も多い為、他のクレジットカードやキャッシングの返済に関することで連絡している場合もあります。

本人に未払いなどが一切ない場合でも、第三者にカード情報を悪用されてしまい、不正利用されている可能性もありますので、未払いがあると言われたらカードの利用履歴を確認しましょう。
身に覚えのない取引があれば、すぐにカードを利用停止してもらう必要があります。

カード情報を狙う詐欺業者

ただし、注意しなくてはならないのが、カード会社の企業名・団体名を騙ってお金を振り込ませようとする詐欺業者の存在です。
未払いがないにも関わらずカード代金を請求すれば、当然本人から「未払いはない」と言われます。
そこで「お客様のカードが偽造されている可能性があります。確認のためにカード番号と暗証番号、有効期限を教えてもらってもいいですか?」など、さも不正利用を解決するためのように装って、消費者の個人情報を聞き出そうとします

カード番号、暗証番号、有効期限が分かれば、カードが無くても他人名義でネットショッピングすることが可能になります。
詐欺師がカードで商品を購入するのは、商品の転売・換金目的であり、限度額いっぱいまですぐに使用されてしまいます。

カード会社は個人情報を聞かない

確かに本物のカード会社でも、不正利用の可能性について電話をしてくる場合がありますが、いきなり「カード情報を教えてください」などと言われることはありません。
カード会社にはすべての情報がありますから、消費者から問い合わせした場合を除いて、わざわざ情報を訊き出す必要はありません

不正利用の可能性というのも、普段カードで買い物をあまりしない方が、突然高額の買い物をした場合などであり、本人が問題ないと言えばその場で確認は終了ですし、本人がカードを使用していないと言えば、すぐにカードを利用停止してくれます。

詐欺への対策

このような詐欺に遭わないようにするためには、カード情報を含め、個人情報を他人に話さないことが大切です。
ただし、紛失・盗難・スキミングなどにより、カード情報が第三者の手に渡ってしまう可能性もありますから、普段からカードの管理に気を付けるとともに、限度額を必要最小限にしておくことをおすすめします。

万が一被害に遭われた場合は、すぐにカード会社と警察に連絡する必要があります。
被害に遭った場合どこに連絡すればよいか、連絡先を手帳にメモしておくと迅速に対応できます。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧